SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*映画秘宝 7月号にてジョン・シングルトン追悼記事を寄稿。(5/22/19)
*ENGLISH JOURNAL (イングリッシュジャーナル) 6月号にて「ブラックムービーとアカデミー賞」の記事を寄稿。(5/7/19)
*ユリイカ5月号のスパイク・リー特集にて2本の記事を寄稿。(4/27/19)
*映画秘宝 6月号の「サノスの倒し方大全!」特集でサノスの倒し方を寄稿。(4/20/19)
*Fridayデジタルにて「激ヤバで面白い『ブラック・クランズマン』はトランプへの挑戦状!」というコラムを寄稿。(3/20/19)
*映画秘宝 5月号にてブラックムービー、スパイク・リー、『ブラック・クランズマン』、『ヘイト・ユー・ギブ』を寄稿。(3/20/19)
*映画秘宝 4月号にて『ビール・ストリートの恋人たち』&『グリーンブック』レビューを寄稿。(2/21/19)
*DU BOOKS 「ネットフリックス大解剖 Beyond Netflix」に『親愛なる白人様』について寄稿。(1/25/19)
*映画秘宝 3月号秘宝ベスト&トホホ10&ドラマ・オブ・ザ・イヤー2018に参加。(1/21/19)
*リアルサウンドにて「ブラックムービーの今」というコラムを寄稿。(1/3/19)
*『ブラック・クランズマン』マスコミ向け試写会用プレスにスパイク・リーについて寄稿。(12/19/18)
過去記事

Slice / 日本未公開 (2018) (VOD) 1653本目

チャンスに巡り合えるチャンス少ない『Slice』

若手ラッパーを代表するチャンス・ザ・ラッパーの本格的スクリーンデビュー作。チャンスのミュージックビデオを手掛けるオースティン・ヴェズリーにとっても長編スクリーンデビュー作。チャンスと言えば、『Get Out / ゲット・アウト (2017)』の劇場公開の時に早い段階で劇場を貸し切って無料開放した有名人の1人。そんな訳もあるのか、無いのか... なんとなく『ゲット・アウト』ぽさを感じるホラー・コメディ!そして『Moonlight / ムーンライト (2016)』や『フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法』などの佳作を量産しているA24が制作。ちなみに、2019年サンダンス映画祭に正式参加する『Native Son / 日本未公開 (2019)』もA24制作。

キングフィッシャー(架空)は、ゴーストと人間が共存する町。そんな町でピザ屋のデリバリー(オースティン・ヴェズリー)が何者かに殺された。市長(クリス・パーネル)が事件についてリポーター相手に話していた。そして取材をするのが地元新聞社のサディ(リー・グレイ)。ピザ屋の店長ジャック(ポール・シェアー)は、町の団体「ジャスティス40000」のヴェラ(マリリン・ドッツ・フランク)らの集会を横目に、残りの店員たちに仕方なく今日は休んでいいと話した。しかし、ニュースを聞いてアストリド(ザジー・ビーツ)が戻ってきた。アストリドにはある目的があった。

と、プロットに主役のチャンス出てこないしー!だって、映画自体に中々出てこないしー!!!!!!ちゃんとチャンスの顔が披露されるまで40分... 計ったよ。ちなみにこの映画1時間20分ちょいと短めなので、約半分ほど主役のチャンスの顔が拝めない。いくら何でも勿体ぶり過ぎ、焦らし過ぎ!という事で、主役なのに半分も出ていないのです。結論から言うと、チャンスの演技は悪くない。上手い!って程ではないが、下手ではない。演技を積めば上手くなれるレベル。だから勿体ないかな。アイス・キューブとかトゥパック・シャクールみたいに、最初からいい監督や脚本に巡り合っていたら、俳優としても大成したかもしれない。あまり演技には興味を持てなかったという記事見つけたし。でも裏方は好きなので、そっちに進むかも?と。勿体ない!

映画は確実に『ゲット・アウト』の影響が見られる。冒頭の市長のキャンペーンCMとかがそう。それに、フライング・ロータスの『Kuso / Kuso (2017)』みたいなグロテスクさもある。なので今時な独特な雰囲気を感じるけれど、それに付随する物語が意外と普通。

Slice / 日本未公開 (2018)(3点:1653本目)