SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Borderline / 日本未公開 (1930)

Cast >> Paul Robeson (Pete Varond, a Negro), Eslanda Robeson (Adah, a Negro Woman), Hilda Doolittle (Astrid), Gavin Arthur (Thorne, Astrid's Husband) ....
Director >> Kenneth MacPherson
Writer >> Kenneth MacPherson
Genre >> Silent
Country >> UK

総合ポイント 5点/5点満点中
内容 >> 5 演技 >> 5 演出 >> 5 音楽 >> N/A

Great experimental film became significant milestone
黒人女性アダー(エスランダ・ロブスン)はピーター(ポール・ロブスン)という夫がいながらも、白人男性ソーン(ガビン・アーサー)と浮気をした。そしてソーンにはアストリド(ヒルダ・ドゥリトル)という妻が居た。その後、アダーはピーターと上手い事修復したが、ソーンはアダーを思い、アストリドは嫉妬で喧嘩が絶えなかった。アダーとピーターはその小さな町の唯一の黒人だったが、アストリドや町の老女は彼等に町から出て欲しいと考えていた。そんな中、ソーンとアストリドはまた喧嘩になり、ナイフを振り回すアストリド... ナイフを取り合いする間にアストリドは床に倒れる...

詩人として知られるH.D.事ヒルダ・ドゥリトルが出演し、ポール・ロブスンとその妻エスランダが共演している前衛的なサイレント映画。ロブスン夫妻がアメリカを追われイギリスに住んでいる頃にスイスで撮影された作品だ。制作はH.D.が入っていた「プール・グループ」によるもの。彼等は「クローズアップ」という映画評論誌を作っていたグループである。1930年のサイレント映画とは思えないほどに美しく、メッセージも映像も前衛的である。60年代のジョン・カサヴェテスを思わせる作画で、どの映画よりもポール・ロブスンが男前に見えるのだ。しかも異人種の性的関係に同性愛を思わせるシーン(男性のピアノマンがロブスンの写真を大事にしている)など、そのテーマにも果敢に取り組んでいる。1930年の事である。

これはポール・ロブスンがずっとやりたかった事が形に残っている挑戦的な作品である。そしてそれは偉大な歴史となったのだ。

(7/6/14:DVDにて鑑賞)