SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
*駒草出版 WEBにてBLM(ブラック・ライヴズ・マター)を理解するための5本を寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 2月号にて「オールタイム・シスターフッド映画30」と「イケメン女優名鑑BIG5」に寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 1月号にて監督4名について、そして『40歳の解釈: ラダの場合』レビューを寄稿。(11/21/20)
*映画秘宝 12月号にて『ラヴクラフトカントリー 恐怖の旅路』について寄稿。(10/21/20)
*映画秘宝 11月号にてチャドウィック・ボーズマンの追悼文を寄稿。(9/19/20)
*映画秘宝 10月号にて『サミュエル・L・ジャクソン in ブラック・ヴァンパイア』、『行き止まりの世界に生まれて』について寄稿。(8/21/20)
*映画秘宝 9月号にて『ザ・ファイブ・ブラッズ』レビュー&キャスト、最新ブラックムービー&ドラマ10選、ブルース・リー『Be Water』レビューを寄稿。(7/21/20)
*ミュージック・マガジン 8月号「ブラック・ライヴズ・マター」特集の「映画ガイド」にて29作選出、11作を解説を寄稿。(7/20/20)
*FRIDAYデジタルにて「映画が描いてきた「Black Lives Matter」の深層」というコラムを寄稿。(6/18/20)
過去記事

第89回アカデミー賞予想

今回は珍しくオスカー作品割りとほぼ観ている。作品賞のは全部観た!ブラックムービーが3作も選ばれているのも理由の一つかもしれない。去年は予想をボイコットしましたが、今年はやりますか。まだまだ不満は沢山ありますけれど。

私の中では、『Fences / フェンス (2016)』と『ムーンライト』の一騎打ち。他の受賞歴を見ると、『ムーンライト』が有利。下馬評は『ラ・ラ・ランド』みたいですが、ダークホースで『Hidden Figures / 日本未公開 (2016)』。私的順位は『Fences』=『ムーンライト』>『LION/ライオン 25年目のただいま』>『ハクソー・リッジ』>『Hidden Figures』>『ラ・ラ・ランド』>『マンチェスター・バイ・ザ・シー』>『メッセージ』>『最後の追跡』。
デヴ・パテルはいつあんなワイルドセクシー系になったのだ!!昔は器用なガリガリ君だったのに。『Lion/ライオン』は良い映画で、しかも美しい。前にツイッターで書いた「線路と少年と冒険と、そして...」映画としても最高の映画。『ハクソー・リッジ』のアンドリュー・ガーフィールドには母性本能くすぐられる。日本人には少々キツイ場面あるからか、配慮で?日本の侍と言えばアレ!というお約束もあるんだけど、ちょっとアレに飽きた。アメリカ人なら「うぉー!」と愛国心を鼓舞される筈。『ラ・ラ・ランド』はツイッターに書いたけれど、石原さとみ的なあざとさがある映画。「こういうの好きでしょ?」ってオスカー会員のおっちゃんたちが、ダミアン・シャゼル監督の手のひらで転がされている事でしょう。『最後の追跡』は、あのカントリー音楽的な世界観に全然ハマれなかった。つーか、西テキサスってあんなに黒人居ないものなの?ゼロって。みんなカーボーイで銃とかライフル持っているのは笑った。情景やお兄さん役のベン・フォスターは最高だったけれど。やっぱり映画って自分の人生経験とか信条とか加味されてしまうもの。どっかのバカを支持している人々は、私と真逆の順位になるんだと思う。

断トツ!っていうか、デンゼルじゃなかったら、私暴れる!理由はここに書いた通り。下馬評は『マンチェスター・バイ・ザ・シー』のケイシー・アフレックらしいですが、ありえないですから!正直、作品賞を外すより、ここを外す方が悔しい!

  • 主演女優賞
    • 予想断念

Loving / ラビング 愛という名前のふたり (2016)』のルース・ネッガも良かったのですが、私的にはジョエル・エドガートンの方が印象に残りました。取るのは『ラ・ラ・ランド』のエマ・ストーンなのかなー。とか書いていて、イザベル・ユペールな気がしてならない。オスカーって割りと外国人(ヨーロッパ系限定)に優しい。

出番少ないのに、凄い印象度。何度でも書きますが2016年のマハーシャラ・アリはキレっキレ!この映画以外でも素晴らしかった。ってか、なんでデヴ・パテルが助演男優賞でノミネートされているの?彼の役は主役じゃないの?主役は少年の方なの?『Fences』のステファン・ヘンダーソンとマイケルティ・ウィリアムソン、そして『ハクソー・リッジ』のヒューゴ・ウィーヴィングとスミッティ役のルーク・ブレイシーもノミネートされるべき!キリ。ω・)ゝ敬礼。マイケルティ・ウィリアムソンとヒューゴ・ウィーヴィングのオヤジには泣かされた。

あの役を舞台で毎晩やっていたなんて、貴方凄すぎるよ!役者って凄いわって思わせてくれました。『Lion/ライオン』のニコール・キッドマンも難しい役で、いつもの華々しさがなく、普通の主婦感が好感度高い。『マンチェスター・バイ・ザ・シー』のミシェル・ウィリアムスは殆ど出てこない。恐らくパトリックの彼女2人の方が出番多い。のに、選ばれるのは凄いね。

世界中の人をあざとさで手のひらで転がしたから。っていうか、なんで日本語表記チャゼルなの?フランス系だからシャゼルじゃないの??期待はもちろん『ムーンライト』のバリー・ジェンキンス監督!ジェンキンス監督が取ってくれると、チャールズ・バーネット監督も報われる気がするので100倍嬉しい。

ぶっちぎりで。私の映画史を変えやがった作品。映画の題材としてのO・J・シンプソンは2016年キレっキレでしたよ。私の中で2016年と言うと、O・Jとマハーシャラ・アリ。『13th / 13th −憲法修正第13条− (2016) (VOD)』や『Life, Animated / ぼくと魔法の言葉たち (2016)』も良かったですよ。

  • 撮影賞
    • ブラッドフォード・ヤング『メッセージ』

昔から死ぬほど大好き!!!!!でも正直書くと、この部門みんなに取って欲しい!『ムーンライト』の青が朧ろげで美しいし、『Lion/ライオン』のベージュも綺麗だったし、『ラ・ラ・ランド』のヴァイオレットも素敵だった。


後は脚色賞など気になる部門もありますが...とりあえずこの辺で。あー、私、暴れる事になるのかなー。そうはあって欲しくない!