SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
*駒草出版 WEBにてBLM(ブラック・ライヴズ・マター)を理解するための5本を寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 2月号にて「オールタイム・シスターフッド映画30」と「イケメン女優名鑑BIG5」に寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 1月号にて監督4名について、そして『40歳の解釈: ラダの場合』レビューを寄稿。(11/21/20)
*映画秘宝 12月号にて『ラヴクラフトカントリー 恐怖の旅路』について寄稿。(10/21/20)
*映画秘宝 11月号にてチャドウィック・ボーズマンの追悼文を寄稿。(9/19/20)
*映画秘宝 10月号にて『サミュエル・L・ジャクソン in ブラック・ヴァンパイア』、『行き止まりの世界に生まれて』について寄稿。(8/21/20)
*映画秘宝 9月号にて『ザ・ファイブ・ブラッズ』レビュー&キャスト、最新ブラックムービー&ドラマ10選、ブルース・リー『Be Water』レビューを寄稿。(7/21/20)
*ミュージック・マガジン 8月号「ブラック・ライヴズ・マター」特集の「映画ガイド」にて29作選出、11作を解説を寄稿。(7/20/20)
*FRIDAYデジタルにて「映画が描いてきた「Black Lives Matter」の深層」というコラムを寄稿。(6/18/20)
過去記事

とにかく強い最強女子誕生『ファースト・マッチ』

SXSW(サウス・バイ・サウスウエスト)でプレミア公開し観客賞を受賞した後、1週間位でNetflixで配信された作品。Netflix、仕事早すぎ。なのであんまり情報がないうちに観ました。最高でした!

モニーク(エルヴィル・エマニュエル)は高校生だが、フォスターホーム(里親制度)で色々な家庭を行ったり来たりしていた。今回はそのフォスターホームの母親の彼氏に手を出し追い出された。実際はそうする事で男からお金をもらっていたのだ。行き場のないモニークは、英語がままならないヒスパニックの女性ルシーラ(キム・ラミレス)の所に行った。まだ前の家に荷物が残っていたので、親友のオマリ(ジャレル・ジェローム)の助けを借りて取り戻した。一冊のノートだった。2人が帰る途中のファストフード店で働く父(ヤーヤ・アブドゥル=マティーン二世)を発見する。父は刑務所暮らしをしていた筈で、出所した事をモニークは知らなかったのだ。モニークとは距離を取る父だったが、モニークは父と一緒に住みたかった。父は昔、レスリングでチャンピオンだったのだ。モニークとオマリはそんな父から小さい頃から訓練を受けていて、オマリは高校でもレスリングを続けていた。モニークは父の関心を引くために、高校のレスリング男子チームに入ろうとするが、チームに反発され...

これ観て速攻に思い出したのが『The Fits / 日本未公開 (2016)』。こちらもあちらもニューヨークが舞台で、しかもこれから来るであろう若い白人女性監督。2人共に大学で滅茶苦茶映画を勉強して撮ったのが黒人女性(しかもティーンとローティン)が主役の映画。さらには主人公が2人とも血生臭いスポーツを通して女としても人としても成長していく物語。この2人の監督ともに、そういう世界からは一番遠い所にいそうな人が、こういう映画を撮っているのが面白い。

そして最初は上で触れているようにレスリングなのですが、途中からベアナックルもやります!アンダーグランドな所で賞金稼ぎとして参加していく事になる。それがとても切なくもあり... 何ていうか、ボクシング映画特有の哀愁も感じさせる。なので最後、私は号泣しちゃいました!ラストといい、これは良い映画。そして音楽はア・トライヴ・コールド・クエストなどの90年代のヒップホップがメイン。

何より良いのが俳優陣。主人公を演じたエルヴィル・エマニュエルの派手なコギャルから、強そうな女子高生に代わっていく様が逞しくて好き。それでも父親を求めるその姿は、そりゃ泣きますよ!そしてそんなモニークを支えるオマリ君。ツイッターでも書いたけど『Moonlight / ムーンライト (2016)』のティーンの頃をケヴィンを演じたジャレル・ジェローム君。日本の少女漫画でよくある滅茶苦茶優しくて主人公を優しく見守る割と男前なのに報われない2番手キャラそのままで最高でした!2番手キャラこそ器が大きくて結婚するなら彼らだと小さい頃から悟っていた私にはたまらない役でした。終盤のモニークがオマリ君の家の前で待っているシーン、あれは完璧でした。そしてどうしよーもない父を演じたヤーヤ・アブドゥル=マティーン二世も最低で素晴らしかった。どーしようもないが、父は父。思ってくれてはいるが、別の方向に向かってしまう。モニークが話していたキックボードの話、同じ話をケヴィン・ハートが本で書いていた。黒人の子たちのあるあるなのかもしれない。

レスリングにベアナックルに...と最強女子なモニークでしたが、実は彼女が一番強く見えたのがラストシーン。彼女の中で希望が見えたからだろうね。

First Match / ファースト・マッチ (2018) (VOD)(4.75点:1633本目)