SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
*駒草出版 WEBにてBLM(ブラック・ライヴズ・マター)を理解するための5本を寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 2月号にて「オールタイム・シスターフッド映画30」と「イケメン女優名鑑BIG5」に寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 1月号にて監督4名について、そして『40歳の解釈: ラダの場合』レビューを寄稿。(11/21/20)
*映画秘宝 12月号にて『ラヴクラフトカントリー 恐怖の旅路』について寄稿。(10/21/20)
*映画秘宝 11月号にてチャドウィック・ボーズマンの追悼文を寄稿。(9/19/20)
*映画秘宝 10月号にて『サミュエル・L・ジャクソン in ブラック・ヴァンパイア』、『行き止まりの世界に生まれて』について寄稿。(8/21/20)
*映画秘宝 9月号にて『ザ・ファイブ・ブラッズ』レビュー&キャスト、最新ブラックムービー&ドラマ10選、ブルース・リー『Be Water』レビューを寄稿。(7/21/20)
*ミュージック・マガジン 8月号「ブラック・ライヴズ・マター」特集の「映画ガイド」にて29作選出、11作を解説を寄稿。(7/20/20)
*FRIDAYデジタルにて「映画が描いてきた「Black Lives Matter」の深層」というコラムを寄稿。(6/18/20)
過去記事

If Beale Street Could Talk / ビール・ストリートの恋人たち (2018)

愛によって生まれた『ビール・ストリートの恋人たち』

Moonlight / ムーンライト (2016)』でアカデミー作品賞に輝き、瞬く間に注目監督となったバリー・ジェンキンスの最新作。黒人文学だけでなくアメリカ文学を代表するジェームズ・ボールドウィンの「ビール・ストリートに口あらば」の映画化を次回作にジェンキンス監督は選んだ。監督は人に薦められて読んで決めたという。監督自身が一番注目を集める中で、この原作を選んだこと、それ自体が私にはもう勝者に思えた。なぜなら絶対にまたジェームズ・ボールドウィンの原作を手にする人が増えるからである。そしてこのティッシュとフォニーの物語に初めて触れることになる。それじゃなくても、熱烈な映画ファンならば、この映画をバリー・ジェンキンス監督作品として観る。そしてこの物語を知る。それだけのパワーを今、バリー・ジェンキンスは持っているのである。

「ビール・ストリートとは、ニューオリンズ<正しくはテネシー州メンフィス>の通りの名前で私の父<養父>やルイ・アームストロング、そしてジャズが生まれたところである。アメリカで生まれた黒人全員は、ビール・ストリートで生まれたのだ...」ジェームズ・ボールドウィン。1970年代ニューヨーク、フォニー(ステファン・ジェームズ)とティッシュ(キキ・レイン)は手を繋ぎ歩いていた。視線を交わし「心の準備は出来た?」とフォニーに聞くティッシュ。画面が変わって、刑務所の面会室でガラス越しに受話器でフォニーに妊娠を伝えるティッシュ。フォニーは刑務所にいるはずのない人物だった。職業訓練校で用具の使い方を学び、普段はレストランで皿洗いなどの仕事をこなしていたフォニー。2人は小さい頃からの幼馴染。だからティッシュには分かる。フォニーがあのような犯罪など決して行わないことを。フォニーが語りかけるフォニーとの固く結ばれた愛について...

< >は私が付け加えました。そうなんです。ジェームズ・ボールドウィンは間違えていたのです。ボールドウィンが語ったルイ・アームストロングが生まれたところを基準にすると、If Bourbon Street Could Talkが正しいのです。でも実はそれはポイントじゃない。ボールドウィンが語るように、ビール・ストリートはアメリカどこにでも存在する、つまりこれは普遍的なメッセージであり物語なのだと。この間違いにはジェンキンス監督も、もちろん知っていて、「それがポイントじゃない、ビール・ストリートはアメリカ黒人の生活を美しく描き出したとともに、黒人への不正を映し出した小説なんだ。フォニーが経験したことが黒人にとってとても身近なことなんだ」と語っている。確かに、今でも冤罪で捕まる黒人は多い。そんな話を今でもニュースでしょっちゅう見るし、私もツイッターでその手の話を書く。その度に私が憤るのは、冤罪で捕まった人たちにはこれだけの物語があるからだ。ティッシュという可愛くて奥ゆかしく、そして忠実な恋人は居ないかもしれないけれど、無償の愛で寄り添うティッシュの母のような存在や、息子・義息のために何でもやる2人の父親みたいな存在や、妹を守るティッシュの姉のような存在が被害者に居るかもしれず、残された彼らの気持ちを考えると心が痛むのだ。愛にも色々な形があることを知る。

そのようなボールドウィンのメッセージを、バリー・ジェンキンス監督は繊細に美しく描き出す。時には、ニコラス・ブリテルの美しい旋律とともに、そして魂をゆさぶるビリー・プレストンニーナ・シモンの曲に合わせたり、ステファン・ジェームズとキキ・レインの視線だけで描いてみたり、『ムーンライト』でも組んだジェームズ・ラクストンのカメラに頼ってみたりして。正直、ジェンキンス監督の初長編監督作品『Medicine for Melancholy / 日本未公開 (2008)』の時には、セピアの映像美が圧巻でしたが、そこまで感情を揺すぶられない感じだったのですが、『ムーンライト』からは感情が揺すぶられる。しかもかなり。『ムーンライト』も『ビール・ストリート』も、主人公が脆いからだと思う。脆いとは弱いということでは決してなく、儚いとかそういう意味の脆さ。そういうのを捉え、美しく見せるのが、ジェンキンス監督の巧さ。『ムーンライト』でも、同性愛者というマイノリティの苦悩を捉え、そして彼らの愛の姿を美しく見せた。今回は若いカップルが直面する困難を描き、そしてまた彼らの愛の姿を美しくそして強く見せた。

この映画で語られる様々な「愛」。しかし今テレビで流れてくる悲惨なニュースに「愛」など全く感じない。虐待にテロに人種や国をターゲットにした誹謗中傷ばかり。時代に逆行しているからこそ『ビール・ストリート』のメッセージを儚く、そしてそこに多様な愛の強さを感じたからこそ、美しく感じるのだ。

www.blackmovie-jp.com
(5点満点:1673本目)