SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
*駒草出版 WEBにてBLM(ブラック・ライヴズ・マター)を理解するための5本を寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 2月号にて「オールタイム・シスターフッド映画30」と「イケメン女優名鑑BIG5」に寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 1月号にて監督4名について、そして『40歳の解釈: ラダの場合』レビューを寄稿。(11/21/20)
*映画秘宝 12月号にて『ラヴクラフトカントリー 恐怖の旅路』について寄稿。(10/21/20)
*映画秘宝 11月号にてチャドウィック・ボーズマンの追悼文を寄稿。(9/19/20)
*映画秘宝 10月号にて『サミュエル・L・ジャクソン in ブラック・ヴァンパイア』、『行き止まりの世界に生まれて』について寄稿。(8/21/20)
*映画秘宝 9月号にて『ザ・ファイブ・ブラッズ』レビュー&キャスト、最新ブラックムービー&ドラマ10選、ブルース・リー『Be Water』レビューを寄稿。(7/21/20)
*ミュージック・マガジン 8月号「ブラック・ライヴズ・マター」特集の「映画ガイド」にて29作選出、11作を解説を寄稿。(7/20/20)
*FRIDAYデジタルにて「映画が描いてきた「Black Lives Matter」の深層」というコラムを寄稿。(6/18/20)
過去記事

ブラックホラー映画の名作が誕生した背景『Get Out』

黒人が主役のホラー映画は生まれにくい背景がある。なぜなら黒人自身が黒人は賢いと思っているからだ。まず、怪しい人里離れた小屋とか行かない。普段から危機管理能力が優れていて、怪しいと思ったら、速攻逃げる...と彼ら自身がホラーを見ながら口にしているからだ。というのは半分冗談で、まず黒人が主役の映画自体が少ないのがその理由の一つである。しかし、それでも『Candyman / キャンディマン (1992)』や『Tales from the Hood / 日本未公開 (1995)』など、黒人なら誰でも知っているであろうカルト人気になっている作品は少なからずある。その中でも、今回の『Get Out / ゲット・アウト (2017)』は、確実に名作としてトップに名乗りでた作品なのだ!何せ、監督のジョーダン・ピールはコメディ畑の人ながら、このホラー映画で監督初挑戦。しかも黒人で初監督作品としては、初となる興行成績$100ミリオンドルを僅か公開3週目で突破!という快挙を成し遂げたのだ。

カメラマンをしているクリス(ダニエル・カルーヤ)は、白人の彼女ローズ(アリソン・ウィリアムス)の実家がある郊外へ週末に出かける事に。親友のロッド(リルレル・ハウリー)にも、止めとけと反対され、嫌々ながらもローズに絆されて、2人は出かける。ローズが運転中に突然鹿が車に突っ込んできて、危うく大事故に。2人は無事だったが、鹿はうめき声をあげていた。やってきた警察官には、なぜかクリスの免許書を見せろと言われる。運転していたのはローズなのに。そこでローズが激怒し、クリスを守った。2人は何とかローズの実家に着いた。そこには両親だけでなく、黒人の家政婦と庭師が居て...

冒頭からかなりの勢いで伏線を張っていく。しかも相当数のネタを投入。でもそんな事は観客は気づかない。後になって、あれも伏線だったのか!!となるのだ。しかも見事にたった1時間40分程で全て回収してしまう。この映画について絶対に人と語り合いたくなるし、観た人は絶対に饒舌になる。私みたいに感想を書きたい人は永遠に褒め言葉を書いていたいし、絵が描ける人はこの映画の絵を絶対に描きたくなるように、人々の想像力と創作意欲を刺激させる。そして絶対に何度もこの映画を観たくなるし、また何度観ても絶対に面白い。それだけテンポが良いという証明でもあり、そしてそれらのネタは絶対に人々を惹きつける。黒人・白人・日本人関係なく惹きつける。だけど、この映画は黒人でなければ、絶対にこの作品は生まれなかった。という、ユニークさも売りだ。なぜならこれは黒人ならば、絶対に一生に一度は想像してしまう、とてもホラーな出来事が描かれているのだ。所謂スプラッター系のホラーじゃないけれど、確実に精神的ダメージを食らうタイプのホラーだ。ベン・カーソン&スティーブ・ハーヴィとドナルド・トランプ、カーダシアン家族の台頭とKanye West...等々、彼らのような存在が実際にあるかもしれないという怖さと面白さを掻き立てる。まさに時代にマッチした作品なのだ。

The Spook Who Sat by the Door / ブラック・ミッション/反逆のエージェント (1973)』的硬派なメッセージを、『Poor Pretty Eddie / 日本未公開 (1975)』的に奇妙で薄気味悪く描き、『Candyman / キャンディマン (1992)』的に思わず真似したくなる仕草や台詞に、『Tales from the Hood / 日本未公開 (1995)』的にブラックムービーでなければならなかったという存在価値のある。史上最強&最高傑作『Get Out』が誕生し、史上最大の成功を成し遂げた。

Get Out / ゲット・アウト (2017)(5点満点:1532本目)