SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
*駒草出版 WEBにてBLM(ブラック・ライヴズ・マター)を理解するための5本を寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 2月号にて「オールタイム・シスターフッド映画30」と「イケメン女優名鑑BIG5」に寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 1月号にて監督4名について、そして『40歳の解釈: ラダの場合』レビューを寄稿。(11/21/20)
*映画秘宝 12月号にて『ラヴクラフトカントリー 恐怖の旅路』について寄稿。(10/21/20)
*映画秘宝 11月号にてチャドウィック・ボーズマンの追悼文を寄稿。(9/19/20)
*映画秘宝 10月号にて『サミュエル・L・ジャクソン in ブラック・ヴァンパイア』、『行き止まりの世界に生まれて』について寄稿。(8/21/20)
*映画秘宝 9月号にて『ザ・ファイブ・ブラッズ』レビュー&キャスト、最新ブラックムービー&ドラマ10選、ブルース・リー『Be Water』レビューを寄稿。(7/21/20)
*ミュージック・マガジン 8月号「ブラック・ライヴズ・マター」特集の「映画ガイド」にて29作選出、11作を解説を寄稿。(7/20/20)
*FRIDAYデジタルにて「映画が描いてきた「Black Lives Matter」の深層」というコラムを寄稿。(6/18/20)
過去記事

The Hate U Give / 日本未公開 (2018) 1657本目

必見の現在のアメリカ、生まれる憎しみ『The Hate U Give』
f:id:blackmovie:20181129000057j:plain:right:w150
今、アメリカの黒人を苦しめているもの。いや、今に始まった事ではないが、警察官の個人的偏見による過度の暴力である。時には死に至る事がある。何も悪い事はしていないのに...だ。けれど、どっかのバカは「アメリカを再び良き時代に戻そう」とか言っている。年を重ねると人は「あの頃は良かった」なんて言ってしまう。絶対に今の方が良い。過去の失敗から学んで進んでいる今の方が絶対に良い。そんな風に思っている私だけど、思わず「古き良き時代」と言ってしまった事がある。即座に夫に、「その『古き良き時代』って何の意味か分かる?50年代だよ?アメリカで差別は良しとされていた時代。人の苦しみの上に立った「良き時代」の事」と言われて、ハッとした。今のアメリカは過去に逆行している。先日も、ミシシッピ州で「黒人のリンチがあったら最前席で見る」だの言っていた上院議員立候補者が当選を果たした。そんな時代に必要な映画が、この『The Hate U Give』だ。

まだ10歳にも満たない娘と息子に父(ラッセル・ホーンズビー)が、警察官への接し方を熱心に教えている。車で止められたら、手は彼らが見えるダッシュボードに必ず乗せる事。そして、ブラックパンサー党の十項目綱領も暗記させた。(ケンドリック・ラマーの「DNA」が流れる)時は流れ、娘のスター(アマンドラ・ステンバーグ)は高校生になっていた。仲睦まじい父と母(レジーナ・ホール)を見て育ち、彼らは「OTP(One True Paring=互いにとって唯一無二。完璧なカップル)」だと信じ憧れている。高校は私立に通い、あまり黒人生徒が居ない為、自然と白人の友人に囲まれ、恋人もクリス(K・J・アパ)という白人の学生だった。でも恋人の事は父親には言えずにいた。街を牛耳るキング(アンソニー・マッキー)の娘であるケニア(ドミニーク・フィッシュバック)が地元の友人で、彼女に誘われてパーティに出かけた。そこで久々に見かけたのが幼馴染のカリル(アルジー・スミス)だった。お互い気持ちはあったけれど、幼いために進展もしなかった。2人で話している間に発砲があり、2人はカリルの車で2人で帰る事になった。思い出話で良い雰囲気になったが、後ろからサイレンの音が聞こえた。車を脇に止めるカリルに近づいてきた警官...

これは絶対に見て欲しいタイプの映画。ここまでアメリカ黒人の今を鮮明に捉えている作品も珍しいと思うほど。内容の素晴らしさもさることながら、セリフも本当に「今」っていう感じだし、胸に刺さるセリフが多い。あと意外と人物相関図がややっこしい...のも、ちょっとらしいかなとも思う。主人公スターの兄は異母兄弟で、スターの親友ケニアとは異父兄弟。で、演じたのが『Kings / マイ・サンシャイン (2018)』でもややっこしい家族の長男を演じていたラマー・ジョンソン。すっかり長男俳優になった!ここでも凄く魅力的というか可愛いお兄ちゃんを演じている。そして弟!無茶苦茶可愛い。あの可愛さは何なんだ!と思うほどに性格も可愛い。だからこそ、最後が切ない。あんな可愛い子が!そしてこの弟役こそが、この映画タイトルの所以にもなった2パックの「ThugLife」を体現しているのです。うわ!ってなりましたよ。その意味はネタバレになるから敢えて書きませんが、見た後(絶対に見た後!)に調べて欲しい。「The hate you give, little...」の事です。まあ兄の可愛いも弟の可愛いにも凄く意味があった事なんだなーと。

この映画の監督は、『Soul Food / ソウル・フード (1997)』のジョージ・ティルマン・ジュニア。『ソウルフード』のようにたまに場外ホームランを打つタイプの監督で、私も好きな作品が多い。ビギーの『Notorious / ノトーリアスB.I.G. (2009)』も凄く好き。この映画、タイトルもですが、中身も凄く2パック!曲もふんだんに使われている。2パックの映画は、ジョージ・ティルマン・ジュニアにやらせるべきだったのかも、と思った。

アンジー・トーマスが書いたこの映画の原作本は、テキサス州のとある小さな街の学区ではこの本が禁止され、図書館から外されている。物語は、今現在の「ブラック・ライヴス・マター」を知るのに最適である。どうして、黒人と白人の間で歪が生じているのか、この映画で良く分かる内容だ。とにかく、今のアメリカ黒人を知るのに何よりも適している。冒頭でまだ10歳にも満たない子供たちに、生き残る術を教える父。私の子供も黒人と日本人の血を引いており、白人では決してないので、同じように警察官との接し方を教え込まないといけない。私はその時、なぜこんなことを愛する自分の子供に教えなければならないのか?と苦悩した。私はその状況が憎くて仕方なかった... The Hate U (guys) Give....(あなた方が与える憎しみ...)

The Hate U Give / 日本未公開 (2018)(5点満点:1657本目)