SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*映画秘宝 12月号にて『ラヴクラフトカントリー 恐怖の旅路』について寄稿。(10/21/20)
*映画秘宝 11月号にてチャドウィック・ボーズマンの追悼文を寄稿。(9/19/20)
*映画秘宝 10月号にて『サミュエル・L・ジャクソン in ブラック・ヴァンパイア』、『行き止まりの世界に生まれて』について寄稿。(8/21/20)
*映画秘宝 9月号にて『ザ・ファイブ・ブラッズ』レビュー&キャスト、最新ブラックムービー&ドラマ10選、ブルース・リー『Be Water』レビューを寄稿。(7/21/20)
*ミュージック・マガジン 8月号「ブラック・ライヴズ・マター」特集の「映画ガイド」にて29作選出、11作を解説を寄稿。(7/20/20)
*FRIDAYデジタルにて「映画が描いてきた「Black Lives Matter」の深層」というコラムを寄稿。(6/18/20)
*映画秘宝 7月号にてスタンダップコメディと『ウォッチメン』について寄稿。(5/21/20)
*FRIDAYデジタルにて「新型コロナ ルポ・アメリカ南部のいま」というコラムを寄稿。(4/27/20)
*Cinra.netにて『黒い司法 0%からの奇跡』について寄稿。(2/28/20)
*FRIDAYデジタルにて「オバマ前大統領は映画プロデューサー」というコラムを寄稿。(2/4/20)
*『黒い司法 0%からの奇跡』にコメントをしました。(2/4/20)
*Cinra.netにて「映画界に進出したラッパー百科」というコラムを寄稿。(1/27/20)
*映画秘宝 3月号秘宝ベスト&トホホ10&ドラマ・オブ・ザ・イヤー2019に参加。(1/21/20)
*Cinemoreにて定期的に映画について書いております。
*映画秘宝 1月号にて『ルディ・レイ・ムーア』について寄稿&インタビュー翻訳手伝い。(11/20/19)
*サイゾー 7月号にて『ザ・ヘイト・ユー・ギヴ』についてコメント出しております。(6/18/19)
*映画秘宝 7月号にてジョン・シングルトン追悼記事を寄稿。(5/22/19)
*ENGLISH JOURNAL (イングリッシュジャーナル) 6月号にて「ブラックムービーとアカデミー賞」の記事を寄稿。(5/7/19)
*ユリイカ5月号のスパイク・リー特集にて2本の記事を寄稿。(4/27/19)
過去記事

Night School / 日本未公開 (2018) 1656本目

ザ・ケヴィン・ハートのコメディ映画!
f:id:blackmovie:20181120002508j:plain:right:w200
もう人気安定期に入ったケヴィン・ハート、そして『Girls Trip / 日本未公開 (2017)』で注目を集めている人気上昇中のティファニー・ハディッシュが共演という話題コメディ作。しかも、ティファニー・ハディッシュが注目を集めることになった『Girls Trip』の監督のマルコム・D・リーという、今の黒人コメディ界を背負う3人の共演。意外にもケヴィンとマルコムは初めての共演。そして、ケヴィンと言えば、ウィル・パッカー。『Girls Trip』や『ストレイト・アウタ・コンプトン』のプロデュースで知られる、今、最も勢いとパワーを持つプロデューサーのウィル・パッカーが制作。ケヴィンとウィルの2人の関係性は本「ブラックムービー ガイド」にてたっぷり書いておりますので、P254から読んでください。そんな訳で、全米公開時に『スモールフット』から逃げ切り、興行成績で初登場1位!を獲得。

テディ・ウォーカー(ケヴィン・ハート)は、高校時代人気はあったが、勉強は苦手だった。逆に勉強が出来たが、人気の無かったスチュアート(タラン・キラム)に何かとやっかまれた。テディは、どうもテストで集中が出来なかった。嫌になって、テストをほっぽり出して、高校は中退してしまった。大人になり、現在はBBQグリルの専門店のセールスマンとして活躍し、オーナーにも将来には継いで欲しいと言われる程だったが、とある事故を起こし、今は無職に。親友にGED(高校卒業資格)を取れば、職を紹介できると言われ、一念発起して、夜間学校(ナイト・スクール)に入るが、母校の校長にスチュアートが就任しており、夜間学校を担当するキャリー(ティファニー・ハディッシュ)は何かとスパルタだった。そして通ってくるクラスメイトもまた個性的で... テディの波乱の夜の学校生活が始まる!

ケヴィンらしい物語。というか、ケヴィン・ハートの自伝を読んで、この映画を観ると、少しケヴィンの自伝的な部分もあるんじゃないか?と思った。ケヴィンはちゃんと学校卒業しているが、口が上手いケヴィンは実際にスポーツ用品店のセールスでいい成績を収める店員だった。そんな所が本人と映画がダブる。

ティファニー・ハディッシュは、『Girls Trip』で出てきた時に少し下品な感じだったので、その路線で行くのかと思ったら、意外とそういう使われ方はしてない。『The Last O.G.』というテレビシリーズでもそうだったし、今回も学のある常識人を演じている。業界で大切にされているなーという印象。

アトランタが舞台になっているので、やたらとアウトキャストの曲が多かったのは私得。あとT.I,も使われている。

クラスメイトのキャラクターが濃い。こういう映画でありがちな設定。私はルイスが好き。歌のシーン、最高だった。

でもラストはありがちではないので、「違うんかい!」と予想を裏切られて、割と面白い。

ザ・ケヴィン・ハートのコメディ映画!ケヴィンらしい魅力が詰まっている。

Night School / 日本未公開 (2018)(3点:1656本目)