SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
*駒草出版 WEBにてBLM(ブラック・ライヴズ・マター)を理解するための5本を寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 2月号にて「オールタイム・シスターフッド映画30」と「イケメン女優名鑑BIG5」に寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 1月号にて監督4名について、そして『40歳の解釈: ラダの場合』レビューを寄稿。(11/21/20)
*映画秘宝 12月号にて『ラヴクラフトカントリー 恐怖の旅路』について寄稿。(10/21/20)
*映画秘宝 11月号にてチャドウィック・ボーズマンの追悼文を寄稿。(9/19/20)
*映画秘宝 10月号にて『サミュエル・L・ジャクソン in ブラック・ヴァンパイア』、『行き止まりの世界に生まれて』について寄稿。(8/21/20)
*映画秘宝 9月号にて『ザ・ファイブ・ブラッズ』レビュー&キャスト、最新ブラックムービー&ドラマ10選、ブルース・リー『Be Water』レビューを寄稿。(7/21/20)
*ミュージック・マガジン 8月号「ブラック・ライヴズ・マター」特集の「映画ガイド」にて29作選出、11作を解説を寄稿。(7/20/20)
*FRIDAYデジタルにて「映画が描いてきた「Black Lives Matter」の深層」というコラムを寄稿。(6/18/20)
過去記事

とにかくジェシカの魅力を堪能すべし!『天下無敵のジェシカ・ジェームズ』

サタデー・ナイト・ライブ』なんて必要ない!今、黒人女性コメディアンがとてつもなく熱い。『Insecure / インセキュアー (2016-Present)』イッサ・レイに『The Daily Showジェシカ・ウィリアムスに『Girls Trip / 日本未公開 (2017)』と『Keanu / キアヌ (2016)ティファニー・ハディッシュに『Selma / グローリー/明日への行進 (2014)』と『Claws』ニーシー・ナッシュ... 名前を挙げたらキリがない程。名前を挙げたコメディアンヌたちは、『SNL』じゃない所から頑張って人気でた人たち。なんで『SNL』の名前を出したかというのは、昔書いたのでこちらこちらで確認されたし!その中の一人ジェシカ・ウィリアムスがジェシカ・ジェームズを演じているのが今回の作品。もうとにかくジェシカ・ジェームズ大好き!!!こんなチャーミングで面白い女性キャラクターは久々。

出会い系アプリのティンダーで出会った男とバーで会っているジェシカ(ジェシカ・ウィリアムス)。しかし、ジェシカの会話は元カレのデイモン(ラキース・スタンフィールド)の事ばかり。しかもそのデイモンが見知らぬ女性と2人でやってきてしまった。ぶちキレるジェシカ。ジェシカは劇作家を目指しニューヨークに居た。自分の作品を色んな劇団に送っているが、断りの手紙ばかり。そしてデイモンを引きずりまくり、デイモンとの妄想ばかりの日々。友人で女優を目指しているターシャ(ノエル・ウェルズ)がそんなジェシカにブラインドデートをセッティングした。相手も妻と別れたばかりのブーン(クリス・オダウド)だった。お互い元カレ/元妻を引きずっている2人は、どうせうまくいかないだろうからと、素直に話す事にするが...

ジェシカ・ウィリアムスとクリス・オダウドの掛け合いがとにかく面白かった!気が付くと見ながら笑ってました。この2人がこんなに合うとは思わなかった。人懐っこい笑顔で、捨てられた小動物のような眼をしているクリス・オダウドの魅力が炸裂しているよ!そして、ジェシカ・ウィリアムス!政治風刺コメディニュース番組『The Daily Show』という、とてもアメリカらしい番組のレギュラーだった。しかもその番組には若干23歳でレギュラーになり、番組一若いレギュラー。そんなジェシカが演じたジェシカが、とにかく率直で素直、そして超前向き。でも何でも前向きに捉えるウザいポジティブ馬鹿ではなくて、先に書いたように別れたデイモンの事をかなーーーり引きずったり、自分の信念をいつも曲げないが故に失敗して苦しんだり・悲しんだり、仕事でも子供にマジでキレたりと、凄く共感出来るタイプの女性。超ポジティブなのに超ネガティブ。人間ってどっちかじゃないもんね!両方だもんね!という感じ。性格悪い事も妄想しちゃったりw。元気の押し売り的な所がないのがいい。逆に超ネガティブなんだけど、暗くなりすぎていない所が良いというか。ジェシカの悩みとか苦悩とか、そして笑いとか嬉しさとか、私的には「あるある」だった。そんなジェシカをジェシカ・ウィリアムスがとても魅力的に演じていた。特に冒頭のダンスシーンが最高っす。

そして最近では映画でも絶対に外せないのが、SNS系。この映画、それの使い方もここ最近の映画の一番上手かった!ちなみにこの作品も私がここ最近書いている「ポスト・オバマ」作品。異人種カップルながらそれが問題じゃないパターン。

とにかくWジェシカ(主演女優とキャラクター)とクリス・オダウドの魅力が十分に感じられる好感度の高いラブコメ

The Incredible Jessica James / 天下無敵のジェシカ・ジェームズ (2017) (VOD)(5点満点:1571本目)