SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*映画秘宝 12月号にて『ラヴクラフトカントリー 恐怖の旅路』について寄稿。(10/21/20)
*映画秘宝 11月号にてチャドウィック・ボーズマンの追悼文を寄稿。(9/19/20)
*映画秘宝 10月号にて『サミュエル・L・ジャクソン in ブラック・ヴァンパイア』、『行き止まりの世界に生まれて』について寄稿。(8/21/20)
*映画秘宝 9月号にて『ザ・ファイブ・ブラッズ』レビュー&キャスト、最新ブラックムービー&ドラマ10選、ブルース・リー『Be Water』レビューを寄稿。(7/21/20)
*ミュージック・マガジン 8月号「ブラック・ライヴズ・マター」特集の「映画ガイド」にて29作選出、11作を解説を寄稿。(7/20/20)
*FRIDAYデジタルにて「映画が描いてきた「Black Lives Matter」の深層」というコラムを寄稿。(6/18/20)
*映画秘宝 7月号にてスタンダップコメディと『ウォッチメン』について寄稿。(5/21/20)
*FRIDAYデジタルにて「新型コロナ ルポ・アメリカ南部のいま」というコラムを寄稿。(4/27/20)
*Cinra.netにて『黒い司法 0%からの奇跡』について寄稿。(2/28/20)
*FRIDAYデジタルにて「オバマ前大統領は映画プロデューサー」というコラムを寄稿。(2/4/20)
*『黒い司法 0%からの奇跡』にコメントをしました。(2/4/20)
*Cinra.netにて「映画界に進出したラッパー百科」というコラムを寄稿。(1/27/20)
*映画秘宝 3月号秘宝ベスト&トホホ10&ドラマ・オブ・ザ・イヤー2019に参加。(1/21/20)
*Cinemoreにて定期的に映画について書いております。
*映画秘宝 1月号にて『ルディ・レイ・ムーア』について寄稿&インタビュー翻訳手伝い。(11/20/19)
*サイゾー 7月号にて『ザ・ヘイト・ユー・ギヴ』についてコメント出しております。(6/18/19)
*映画秘宝 7月号にてジョン・シングルトン追悼記事を寄稿。(5/22/19)
*ENGLISH JOURNAL (イングリッシュジャーナル) 6月号にて「ブラックムービーとアカデミー賞」の記事を寄稿。(5/7/19)
*ユリイカ5月号のスパイク・リー特集にて2本の記事を寄稿。(4/27/19)
過去記事

Nobody's Fool / 日本未公開 (2018) 1658本目

ちょっと懐かしさのあるタイラー・ペリー産ラブコメ『Nobody's Fool』
f:id:blackmovie:20181204014217j:plain:right:w250
タイラー・ペリー最新作ラブコメディ。今が旬のティファニー・ハディッシュが出演。ベテランのウーピー・ゴールドバーグが母親役で出演。主演は、『Ride Along / ライド・アロング ~相棒見習い~ (2014)』のティカ・サンプター。実は、タイラー・ペリーって、ライオンズゲート社とズブズブの関係でして、理由は拙著「ブラックムービー ガイド」の208頁に載っているので読んで欲しいのだが(という名の宣伝)、今回はそのライオンズゲートを初めて離れ、パラマウント社で撮った作品が今回の作品で、いつもとは違うところである。それが良くなかったのか?タイラー・ペリーとしては珍しく興行成績が初登場3位とあまり良くなかった。が、制作費を下回る事もなく、ほぼ2倍稼いでいるので、十分であろう。という訳で...

広告会社でバリバリに働いているダニカ(ティカ・サンプター)だったが、恋愛の方はダメで、長く付き合って結婚間近だった男に他に女が出来て振られた。でも、チャーリーという新しい彼と上手くやっていて結婚も間近だとダニカは信じていた。しかし会社の同僚で親友のカリ(アンバー・ライリー)に言わせると、「会ったことすらないので恋人ですらない!」。そう、ダニカはまだチャーリーと会ったことがなかった。FaceTimeですらいつも理由をつけて避けられていた。そんな中、姉妹のタンヤ(ティファニー・ハディッシュ)が刑務所から出ることになった。母(ウーピー・ゴールドバーグ)から、もう家では面倒見切れないからと、タンヤを押し付けられたダニカ。タンヤは職を探している時に、いつもダニカが世話になっているコーヒー店の店長フランク(オマリ・ハードウィック)がタンヤがコーヒーマシーンに長けていることを知り雇うことに。実はフランクはダニカに好意を寄せているが、尻込みしていた。タンヤがフランクに発破をかけるが、ダニカはチャーリーに夢中で...

という、普通のラブコメ!なんだけど、タイラー・ペリー作品なので、いつものように「赦し」というメッセージもある。そして人を見た目や経歴だけで判断しない!というのも含まれている。この2つは、タイラー・ペリーが一貫しているメッセージ。なんだけど、やっぱりそれ以外はふつーーーーーのラブコメ。ティカ・サンプターがジャネット・ジャクソンの曲で踊る所は好き。ラブコメぽい。でも、コメディの部分は、ティファニー・ハディッシュとウーピー・ゴールドバーグの才能が比重を占めている。この2人が出てくるシーンは面白い。ティファニー・ハディッシュって、こういう下品な役やると本当に上手い!(褒めている)

そして、ボーイズ・II・メンの「Bended Knee」が印象的に使われているのだけど、ダニカ=ティカ・サンプターの年代だったら、ジャギド・エッジとかデスティニーズ・チャイルド世代じゃ?と思った。違和感ある。ダニカよりもタイラー・ペリーが見えた。あと、薔薇の花で口説こうとする男とか... タイラー・ペリーの理想的な男性っていつも薔薇の花をプレゼントする優男なんだよねー。80年・90年代のR&B的。割りと古臭い男性像だよね。という訳で、ちょっと懐かしさのある古いタイプのタイラー・ペリー産ラブコメ

Nobody's Fool / 日本未公開 (2018)(3点:1658本目)