SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*映画秘宝 7月号にてジョン・シングルトン追悼記事を寄稿。(5/22/19)
*ENGLISH JOURNAL (イングリッシュジャーナル) 6月号にて「ブラックムービーとアカデミー賞」の記事を寄稿。(5/7/19)
*ユリイカ5月号のスパイク・リー特集にて2本の記事を寄稿。(4/27/19)
*映画秘宝 6月号の「サノスの倒し方大全!」特集でサノスの倒し方を寄稿。(4/20/19)
*Fridayデジタルにて「激ヤバで面白い『ブラック・クランズマン』はトランプへの挑戦状!」というコラムを寄稿。(3/20/19)
*映画秘宝 5月号にてブラックムービー、スパイク・リー、『ブラック・クランズマン』、『ヘイト・ユー・ギブ』を寄稿。(3/20/19)
*映画秘宝 4月号にて『ビール・ストリートの恋人たち』&『グリーンブック』レビューを寄稿。(2/21/19)
*DU BOOKS 「ネットフリックス大解剖 Beyond Netflix」に『親愛なる白人様』について寄稿。(1/25/19)
*映画秘宝 3月号秘宝ベスト&トホホ10&ドラマ・オブ・ザ・イヤー2018に参加。(1/21/19)
*リアルサウンドにて「ブラックムービーの今」というコラムを寄稿。(1/3/19)
*『ブラック・クランズマン』マスコミ向け試写会用プレスにスパイク・リーについて寄稿。(12/19/18)
過去記事

Creed II / クリード 炎の宿敵 (2018) 1659本目

『ロッキー』のその先へ... 歴史が紡ぐ感動物語『クリード 炎の宿敵』

ウクライナの首都キエフの街で小さなボクシング試合で戦っていたのは、ヴィクター・ドラゴ(フローリアン・ムンテアヌ)だった。セコンドには、かつてアポロ・クリード(カール・ウェザース)やロッキー(シルベスター・スタローン)と戦ったロシアのヘビー級イワン・ドラゴ(ドルフ・ラングレン)が居た。ヴィクターは、イワン・ドラゴの息子で、ウクライナでは敵なしのボクサーへと成長していた。そこに現れたのが、バディ(ラッセル・ホーンズビー)という謎の男。バディはドラゴに親子に話しかける... 一方、アドニスクリードマイケル・B・ジョーダン)は、先のリッキー・コンラン戦には惜しい所で負けたものの、ロッキーの本拠地フィラデルフィアを拠点にし、その後の試合は破竹の勢いで勝ち続け、恋人ビアンカテッサ・トンプソン)との仲も順調で、幸せ絶頂期にあった。そこでバディからヴィクター・ドラゴとの一戦を打診させる。ロッキーには強く反対され、トレーナーの座からも退いてしまう。しかし、父アポロ・クリードをリングに沈め、命まで奪った宿敵イワン・ドラゴの息子と対戦することは、彼にとって宿命であり...

今回はいきなり、プロットから書いてみました。自分、やっぱり『ロッキー』は昔から大好きなんですが、何で好きなんだろう?と思ったりもするんですよ。割と最後とか簡単に想像出来ちゃうじゃないですか?でもアッサリとは勝たない。この映画の前の作品『Creed / クリード チャンプを継ぐ男 (2015)』もそうでしたよね。勝たないんかーい!ってなる。でも、それが良かったりする。ボクシングっていう厳しい戦いの世界がそれで垣間見られる。でも『ロッキー』だけで6作、『クリード』で2作となると、大体の形が出来てきていて、お約束みたいのもある。でも、やっぱりそれもたまらない。良い感じの裏切りと予定調和ってやつが、実に上手い。ってなことを思いながら見ていたのです。この映画は、割と『ロッキー』的予定調和で成り立っていて、『クリード チャンプを継ぐ男』みたいな良い感じの裏切りは少ない。

でもさ、やっぱりロッキーとイワン・ドラゴが2人で会話している所だけで、『ロッキー』見続けた者としては、もうそれだけで泣けちゃう!ロッキーは絶対にドラゴと一緒の席にはつかない男の意地みたいな物もあって、「歴史は繰り返すってもんさ」みたいな台詞だけで、もうじーーーーーーんときて、号泣しちゃって、体内の水分不足になっちゃう。『ロッキー4』でイワン・ドラゴが出てきた時のインパクトって本当に凄かった。あの体格であのパワーとあの角刈りを見た時には、「今度こそロッキー勝てない」という絶望感を凄く感じたのを覚えている。だから、長年ドルフ・ラングレン好きになれなかった位。大人になってやっとドルフのあの時のあの偉大さに気づいた。ヴィクター・ドラゴの体格とかパワーとか凄かったけれど、イワン・ドラゴみたいな「絶望さ」までは感じなかったかな。でも彼は彼なりの葛藤もあり... イワンったら、良い感じに子育てしたのねー!と思いました。ツイッターでも書きましたが、絶対にドラゴ親子のスピンオフが見たい!今回は、イワン・ドラゴが滅茶苦茶良い渋い演技を見せてくれております。イワンパパも色々と葛藤する。結局のところ、2人を翻弄したあの人が一番最強だったね!

とはいえ、主役はアドニスクリード!最初からムキムキ・パンパンの筋肉ですが、最後にはもっともっとムキムキ・パンパンパ―――ンになります!あの体を作ったのは凄い。相当の努力したと思う。最初と最後、明らかに違うよ。その最後のトレーニング中に掛かるラップがこれまたアドニスにピッタリ。物凄く痺れた、あのシーン。そして、今回は一か所、すごーーく笑えるシーンがある。劇場でも観客みんな「え?」って声出てましたから。で、みんなで爆笑して、ほんわかなムードになった。やっぱりこの映画で重要になってくるのが歴史なんですよね。アドニスだけでなく、ビアンカにとっても。前回の邦題になった『継ぐ』というのもポイントかもしれない。

という訳で、今回は前回キレキレ演出に完璧な物語を書いてくれたライアン・クーグラー監督は勇退し、『The Land / 日本未公開 (2016)』のスティーヴン・ケイプル・ジュニア監督が就任。ケイプル監督は脚本も書けるけれど、今回は監督だけ。脚本には『Notorious / ノトーリアスB.I.G. (2009)』や『ルーク・ケイジ』のショーランナーとして知られているチェオ・ホダリ・コーカーが参加している。今回もフィラデルフィアも舞台の一か所で、またもやフィラデルフィア・チーズ・サンドイッチの有名店などが出てくるけれど、どちらかと言うとアポロ・クリードの本拠地ロサンゼルスの方が出てくるかな。

やっぱり『ロッキー』は良い!次は『ドラゴ親子』が絶対に制作されますように!そして、『ロッキー』シリーズは孫の代まで続いて欲しい!それだけのドラマと歴史がこのシリーズにはある!

Creed II / クリード 炎の宿敵 (2018)(4.5点:1659本目)