SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

For Colored Girls / 日本未公開 (2010)

先週末から全米で公開され興行成績初登場第3位となったタイラー・ペリーの最新作「For Colored Girls / 日本未公開 (2010)」。ヌトザケ・シャンゲの有名な戯曲「死ぬことを考えた黒い女たちのために」を映画化。ジャネット・ジャクソンウーピー・ゴールドバーグケリー・ワシントンなど人気女優が勢ぞろいした事でも話題。プレビューが撮影場所のニューヨークやタイラー・ペリーのお膝元アトランタ、そしてロサンジェルスでも行われ、そこに集まった批評家達の評価は千差万別。一足先に映画を見た人気作家で映画「Waiting to Exhale / ため息つかせて (1995)」の原作者としても知られるテリー・マクミランは自身のツイッターで「今晩For Colored Girlsを見たの。気に入ったわ。そしてビックリした。感動したわ。タイラー・ペリーの作品の中では一番だと思うわ」と書き綴った。さらにこの映画が女性の間で批判が起きているのを知っているマクミランは「私がColored Girlsが好きと言った事で私をアンフォローしたいと思ったら、今するがいいわ」とも書いている。

アメリカで一番の知名度のある映画評論家ロジャー・エバートは4点満点中星2つと半分と普通の評価。でも恒例の親指は下を向いていて、評価が低い。エバートは「シャンゲの賞に輝いた戯曲は公正にリスペクトされているが、映画化に向いてたかは分からない。ペリーを起用した事は賢い選択だったとは思わない。ペリーはもっと普通の家庭のファミリーコメディタイプの監督であって、慎重すぎた」と書いている。

他はこちら

とは言え、ウィル・フェレルの人気ウエブサイトFunny or Dieでは、ウェイン・ブラディとアフィオン・クロケットがこの映画の予告編のパロディを制作。人気の高さを物語っていると思う。

For (Stuffed) Colored Girls - Funny Or Die