SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Soundtrack for a Revolution / 日本未公開 (2009)

Cast >> The Roots, John Legend, Wyclef Jean, Joss Stone, Richie Havens, Anthony Hamilton, The Blind Boys of Alabama, Angie Stone, Mary Mary, T.V. On The Radio, Harry Belafonte, John Lewis, Lula Joe Williams, Andrew Young ...
Director >> Bill Guttentag, Dan Sturman
Writer >> Bill Guttentag, Dan Sturman
Producer >> Joslyn Barnes, Jim Czarnecki, Bill Guttentag, Dylan Nelson, Dan Sturman
Genre >> Documentary

総合ポイント >> 4.75/5点満点
Contents >> 5 Performance >> 5 Direct >> 4 Music >> 5

You can cage the singer, but not the song
1950年から60年代にかけて、キング牧師が率いた公民権運動は歴史を大きく変えた。その激動の戦いの中で人々の心を支え大きな力となったのがゴスペルが元になっている曲だった。当時戦っていた人々の証言と、人気アーティストが歌う公民権運動の曲を織り交ぜながら歴史を明らかにしていくドキュメンタリー。

「You can cage the singer, but not the song(歌手を閉じ込めておく事は出来るが、曲は無理である)」と語ったのは、当時人気の俳優で歌手、そして活動家だったハリー・べラフォンテの言葉である。1955年から始まったモントゴメリーのバスボイコットは1年続いた。バスを使わず長い距離を歩いた人々の足は疲れていたけれど、「Wade in the Water」を歌い心身共に強くなった。若者達がシットインを始めると、容赦なく食べ物を投げつけられたり拳が飛んでくる事もあったが、彼らは「Everybody says Freedom」を歌い信じた。そしてセルマの血の日曜日という惨事でも「Ain't Gonna Let Nobody Turn Me Around」を歌い続け彼らは振り返る事なく耐えた。そして「We Shall Overcome」を歌い続け、彼らの勝利を信じた。

確かに公民権運動と歌は切っても切れない。心身ともに辛かった運動の心の支えになったのは明らかである。このドキュメンタリーはその部分と、公民権運動の珍しい映像を織り交ぜて力強いメッセージのある作品。歌と同じくらい心に染みる。

(10/09/10:DVDにて鑑賞)