SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Night Catches Us / 日本未公開 (2010) 776本目

先に書いてしまいましたが... 期待通りの素晴らしい作品でした。私が今年1番に楽しみにしていた作品。ただiPodのしかも私のNanoの小さな画面で見たので、それが非常に残念。せめて子供のTouchで見れば良かったかもと後悔している。でもたった3センチの小さな画面からでもその映画の素晴らしさは大きく伝わってきた。

この映画は1976年のフィラデルフィアを舞台にブラックパンサー党員だった2人の恋を描いた作品。ブラックパンサー党と言えば、西海岸のオークランドが本拠地であったが、反対側の東海岸の古い町フィラデルフィアにもこのように活動されていたんだというのも分かったのも良い。そしてフィラデルフィアと言えば、最近ではザ・ルーツ!その彼等の曲が全般で非常ーーーに効果的に使われている。しかもBlack Thoughtが俳優として主役のアンソニー・マッキーが演じたマーカスの兄弟役ボスティックで出演している。この兄弟の父親が亡くなってマーカスはフィラデルフィアに戻ってきた所から物語は始まる。父親は牧師なんだけど、ボスティックはモスリムに改宗。そういう所が複雑に台詞や映像で絡んでくるのです。マーカスが戻ってきた時に父の亡骸が持っていた聖書のブックマークを、別の章に変えてしまう(さすがに画面3センチだとどこに変えたかは確認出来ず)。でもボスティックが戻ってきて、最初の章(ジェネシス42:21)に戻す。その時の会話でマーカスが「へえー、まだ気にしてるんだ」と嫌味を言う。この一連にゾクゾクしちゃいました。

なんでここまで兄弟が揉めているかと言うと、マーカスがパンサー党員で活躍中だった時に仲間を警官に売ったとして仲間から狙われ町を出たから。だから今回戻ってきたけれど、元仲間のドゥ・ライト(マーカスは本名のドゥエインとわざと呼んでいる)に嫌がらせを受ける。町のみんなもマーカスが密告したと信じていて嫌われている。売った相手が、ケリー・ワシントン演じるパトリシアの夫で彼女の娘アイリスの父だった。彼は密告を受けた事で警官に殺された。この一連の話も凄かった。最後に涙が止まらなかったですわ。そして切ない。なんて大人なんでしょうか... 種明かしをしてしまうとつまらないので書きませんが、是非これは実際に見て知って欲しい。でも分かりにくい人が居るかもね。分からない人には分からないままで仕方ないと思う。この話の持って行き方も絶妙だった。

そしてラストで蛍が飛んでます。多分。3センチだとやっぱり確信は持てない。でも調べたら、フィラデルフィアには「Fireflies(蛍)」というドゥ−ワップグループが居たらしいので、やっぱりそうかもしれない。日本語で蛍・フィラデルフィアと検索しても結構見つかる。これが切ないラストにピッタリ合う幻想的な映像。この蛍の光がある物とリンクしてより切なくさせる。最高。

この映画の凄い所は映画を見た直後にも大きな感動を得られるけれど、日にちが経ってからこの映画の事を思い出して考えてみると、急にお腹に力が入ってグッとまた違う感動がやってくる所。こんな映画久々。タンヤ・ハミルトン監督、かなり注目して見る事にした!インタビューを見ると黒人女性にありがちなアンニュイで冷静な女性だけど、かなり秘めた情熱を持ってるわ!一つだけ残念なところがあるとするなら、ケリー・ワシントンかな。素晴らしい女優さんで恋愛映画にはぴったりなんだけど、この役柄のパンサー党員で凄いガッツのある女性にはやっぱり見えなかった。こう女性の秘めた強さが見えてこなかったかな??このパトリシアという役にはそれが一番必要だったと思うし。それにしてもパトリシアはよくモテる。パンサー党員や別の弁護士とも恋を重ねて来ていた。2パックの母親で元パンサー党員のアフェニの経歴を見ると、パンサー党員同士で恋愛を繰り返す事は多かったようなので、この映画のこの描写は現実味があるように思えた。

この前も書いたけれど、こういう良質の作品を公開してくれないから、いつまで経っても日本はブラックムービー砂漠地帯なんだよね。恥ずかしく思うよ。大きな画面で見れた暁にはまた書くかもしれない。ちなみに映画は全米では来月から劇場公開予定。アメリカでも上映館数は少ないようだけど...

感想やあらすじやオフィシャルサイトはこちら

(5点満点:iTunesのレンタルにて3センチの画面に食い入るように鑑賞)