SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

What Happened, Miss Simone? / 日本未公開 (2015) (VOD)

Cast >> Nina Simone
Director >> Liz Garbus
Producer >> Liz Garbus, Amy Hobby, Jayson Jackson, Justin Wilkes, Lisa Simone Kelly (executive producer)
Genre >> Documentary
Country >> USA

総合ポイント 4.75点/5点満点中
内容 >> 5 演技 >> N/A 演出 >> 4 音楽 >> 5

"How can you be an artist and not reflect the time?"
「ミス・シモン、貴方は偶像化され、そして愛されもした、何万人という人々に。しかし、どうしたのですか?ミス・シモン?」とマヤ・アンジェロウは嘆いた。ニーナ・シモンは時代を駆け抜けた稀代のピアノ演奏者でありシンガーだった。公民権運動でも活躍。しかしその後は表舞台から消えるようになった。何がニーナ・シモンに起きたのか?

ニーナ・シモンを徹底的に追うドキュメンタリー。最高だった。何が最高かって、彼女の娘リサが徹底的に率直に話したからだ。辛い、思い出したくない事もあったと思う。いや内容からそうであったに違いない。が、リサは全てを明らかにしている。バーミングハムで起きた教会爆破事件で亡くなった4人を思い書いた「Mississippi Goddam」を境に公民権運動にも参加していく。しかし、実生活では家庭内暴力で苦しむ事になる。そして公民権運動に参加し、終盤はストークリー・カーマイケルと親交を持つようになると、キング牧師に「私は非暴力主義じゃないから!」と言い放ったという。徐々により政治的により暴力的になっていき、そして家庭内暴力や多忙により、精神的にも支障をきたすようになった。ついにニーナは全てを置いて出てしまったのだ。その内部をリサは語る。父の母への暴力、そして母から娘への暴力...

タイトル通り、一体何がニーナ・シモンに起きたのか?が赤裸々に語られている。しかしそれだけでなく、ニーナ・シモンの偉業と才能が明らかになっているのも確か。ソウルの高巫女の命がけの戦いが明らかになっているのだ。

(7/3/15:VODにて鑑賞)