SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Nina / 日本未公開 (2016) 1470本目

何回も同じ事ばかり書いて申し訳ないけれど、でもそれがやっぱりこの映画についての大きな部分を占めていると思うので書きますが、公開前から随分と批判・論争を呼んだいわくつきの映画。アメリカ音楽を代表する天才ピアニストのニーナ・シモンの自伝映画。『Avatar / アバター (2009)』や『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』等の人気女優ゾーイ・サルダーニャがその伝説ミュージシャンを演じた。批判・論争になったのは、ニーナ・シモンは黒人の中でもダークスキンと言われる色が濃い女性で、彼女の曲などでもそれについてのプライドが伺える。演じたゾーイ・サルダーニャはライトスキンと呼ばれる比較的色の薄い女性。まあ、ライトスキンの女性がダークスキンの女性を演じるのは、今まででもあった。問題はそのシモンを演じるのに、この映画ではサルダーニャの肌に色を足し「ブラックフェイス」という昔白人役者が黒人をバカにする為に使ったものを使用、そして白人のような鼻を持つサルダーニャにメーキャップを施し鼻を広げて大きくした事にある。それは多くの人々を怒らせた。シモンの遺族・関係者が激怒した。シモンの公式ツイッターでサルダーニャに直接「2度とニーナの名前を貴方の口から言わないで!」と懇願される程だった。まあそれが全てですね。なんと驚く事に吹き替えなしで、サルダーニャが劇中で歌を披露。意外に歌えるけれど、やっぱり感動するレベルではない。遺族を納得させる出来ではなかった。また、シモンの半生を描くならば、もっと違う時代を観てみたかった。確かにトラブルを抱えていた時代を物語にするのは観客の興味をそそるかもしれないし、そして作り手としても作りやすいのは重々に分かる。確かにこの映画はニーナを知らない人には見やすい。が、ニーナの音楽はそれだけじゃなかった。公民権運動時代に辛い運動で人々を励ましたあの曲たちこそニーナが一番伝えたい事だった筈だ。やっぱりこれは冒涜でしかなかった。(3点)
Nina / 日本未公開 (2016)