SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Good Deeds / 日本未公開 (2012) 991本目

ある時を境に、急にタイラー・ペリー・アレルギーになってしまったかも。突然花粉症みたいな感じ?タイラー・ペリーの言いたい事は分かる。でもタイラー・ペリー自身が自分で言っていたように、オスカーとか取るような監督じゃないし、正直タイラー・ペリーのソープオペラ調の物語に飽きてきた。簡単に言ってしまえば、安直、安っぽい、簡単過ぎる。まあだから彼の映画制作は日数を要さず、大量生産出来るんでしょうね。一番最初の「Diary of a Mad Black Woman / 日本未公開 (2005)」は本当に面白かった。でもあれは監督が違った。タイラー・ペリーはやっぱり監督はしない方がいいかもね。

タイラー・ペリーの作品は大抵、都市の空からの映像から始まる。今回も同じ。違いは、いつもはアトランタが舞台だけど、今回はサンフランシスコ。でも途中までそれに全然気がつかなかった位。そういう都市の個性を生かすのも、ペリーは下手だよね。「For Colored Girls / 日本未公開 (2010)」の時にもそれは思った。タイトルから察するに、タイラー・ペリー版の「オペラハット」なのでしょう。主人公の男性がお金持ちな所とか一緒だし。女性主人公は記者じゃないけどね。ペリーぽく、シンデレラストーリーにしてます。タイラー・ペリーお決まりな感じで、女性がいつも被害者。確かに女性は男性に比べて、分が悪いとは女として正直思う。でもだからと言って、タイラー・ペリーの映画のように男性にいつも救われて、それが答えだとは思わないかな。そしてブライアン・ホワイトとタイラー・ペリーが演じていた兄弟の関係がイマイチ掴めない。弟は会社を継ぎたいのは分かってるけど、なんであんなにいつもイライラしてるの??あんな人居る?昔は助けてくれた位だから、超いい人だったんでしょ?どこで性格変わっちゃったのか、意味分からない。お母さんが原因だったら、小さい頃からだろうから、お兄ちゃんの事助ける?ってか、弟が助けられるのかも疑問。

そしてタイラー・ペリーは俳優としても安直ね。泣くシーンが多くてね。感情的なのは分かるけど、そんなに泣くか?って思いました。さらに最後の台詞というかナレーションですよ。私が一緒に観ていた観客の1人は、思わず噴出してましたよ。私もあれが流れてからすぐに席を立ってしまいました。耐えられませんでしたね。

もうちょっと独創性や深さが欲しいかなー。それまでは、へっーくっしゅん。アレルギーだね。

感想やあらすじやオフィシャルサイトはこちら

(2.75点/5点満点中:4/15/12に劇場にて鑑賞)