SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

For Colored Girls Who Have Considered Suicide When the Rainbow Is Enuf

タイラー・ペリーが人気の舞台「For Colored Girls Who Have Considered Suicide/When the Rainbow Is Enuf / 日本未公開 (1982)」を映画化し、オスカー戦線に間に合うようにと来年の公開から今年の11月の公開を決定したのが「For Colored Girls / 日本未公開 (2010)」。戯曲家ヌトザケ・シャンゲの処女作であり、数々の賞にも輝いている佳作。その映画化にあたり、タイラー・ペリーが演出に決定したニュースが伝えられてから様々な意見が当初から飛び交っていた。多くはタイラー・ペリーに批判的な意見が多い。
その中でもタイラー・ペリーとは「Precious: Based on the Novel Push by Sapphire / プレシャス (2009)」の宣伝を一緒に務め、個人的にも仲の良いオプラ・ウィンフリーが今回の事について発言した。オプラは「タイラー・ペリーには監督してもらいたくなかった。これは女性の物語であって男性のではないわ!特に彼の物語じゃないのよ」とご立腹。しかし、オプラと親友のゲイル・キングはラフカットの映画を既に見させてもらったようで、出来については支持しているとの事。

Even Oprah Didn't Want Him To Do It! Trailer Unveiled For Tyler Perry's 'Colored Girls' | Deadline

そしてその戯曲を書いたヌトザケ・シャンゲ本人はタイラー・ペリーの作品を「とっても良く出来てると思うわ。彼は私の言葉を沢山残してくれた。そこはとっても大好き」と語っている。

Ntozake Shange Has a New Work and a Reprise - The New York Times