SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Once Fallen / 日本未公開 (2010)

Cast >> Brian Presley (Chance), Taraji P. Henson (Pearl), Ed Harris (Liam), Amy Madigan (Rose), Peter Weller (Eddie), Ash Adams (Rath), Sticky Fingaz (Leshaun) ...
Director >> Ash Adams
Writer >> Ash Adams
Producer >> Amy Madigan, Adam Griffin, Lisa Kearns
Genre >> Crime

総合ポイント >> 4/5点満点
Contents >> 4 Performance >> 4 Direct >> 4 Music >> 4

The Sins of the father
ロサンジェルスの労働階級者たちが多く住む町に生まれ育ったチャンス。小さい頃からの親友ビートと共に海の桟橋の下で悪さを覚えた。父リアム(エド・ハリス)は海で力仕事をしていたが、妻に捨てられた。ある日、息子の親友ビートの目に黒あざを発見したリアムは、ビートの家に乗り込んで父親を殺してしまう。20年が経ちチャンス(ブライアン・プレスリー)もまた刑務所に居た。チャンスは出所し息子がいる事を知った。リアムは別の刑務所に居て、アーリアン・ブラザーフッドのトップに君臨していた。父とは会っていないチャンスは黒人女性パール(タラジ・P・ヘンソン)と恋に落ちていくが...

ロサンジェルスの独特な美しい空と海をバックに、父と息子の関係を描いた作品。実はこの映画の舞台になった町に4年程住んでいた。確かに労働階級者達が多く住む古い港町でそれ故に他とは違う独特の雰囲気がある個性的な町だった。古さ故にそれなりの歴史もある。確かにこの親子のような人達を見てきたので、説得力はある。自分の親友の為とは言え犯罪者となって自分と離れてしまった父への憎しみながらも、その父の足跡を追ってしまう息子。そして父は息子を守る為に入りたくもない悪名高きギャングのボスになってしまう。不器用な親だ。エド・ハリスが無理に孫の為にダメお祖父ちゃんを演じてしまうのが涙ものである。

自分の父親の父親像に悩みながらも父をなっていく息子。中々気骨と家族愛のあるクライム映画。

(12/11/10:DVDにて鑑賞)