SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

The Hangover Part III / ハングオーバー!!! 最後の反省会 (2013) 1122本目

ウルフ・パックも最終章!!それはとっても残念だけど、最後というので超期待して見に行ってきました。「2」はアレだけど、「1」の構成は本当に上手くて面白くて素晴らしかった。私もあるわけですよ。酔っ払って記憶無くしちゃった事が。女性なのに...って今思えば反省してますよ。でも20歳なりたてで、もう20歳ってだけで楽しかったんですよ、人生が。友達とたーーーーーくさんの思い出がありますわ。お酒でやってしまった最大の失敗は、ウルフ・パックと同じく、朝起きたら途中からスパーンと綺麗に記憶が無かった日。で、朝起きたら、ストッキングはビリビリ、頭から若干血が流れているし、隣に居るお母さんはススリ泣きw。大仁田厚の有刺鉄線後みたいな感じ。急いで一緒に飲んでいた友達に電話。家に押し込むまでずっと友だちが一緒だったと聞いて安心。その夜は、イケメンなバーテンが揃うバーで、友だちやそのバーテンや別のお客さんと共にテキーラのショット大会となっていて、一番強いテキーラをガンガンに飲んでしまっていたのです。まあ、女なのにこんな事があっていいのか、と今は思うけれど、その友だちと会うと未だにこの時の話で盛り上がるのは確か。今は飲みすらあんまり。でも去年に1回だけ、送別会で記憶を飛ばしそうになりましたが、何とか耐えました、私。ちょっとだけ大人になったなーと... でも私や友達のお酒は素晴らしいよ。酔った勢いでとか、全く無かったからね。節操はきっちり。お酒はガンガンに。今で言う「女子会」なんていうものよりは、確実に楽しい席でした!!

という事で、今回のウルフ・パックは完全にケン・チョン演じるレスリー・チャウに乗っ取られた感じ。父親に溺愛されているザック・ガリフィアナキス演じるアランが、キリンを飼いたいと買ってくる。その途中で大事故。さすがに父親がアランに激怒。でも全然反省する気のないアラン。大好きなビリー・ジョエルの曲をイヤフォンで大音量で聞いてしまう。しかし、その時に父親が心臓発作で倒れてしまい死亡。薬も飲まなくてコントロール出来ないアラン。見かねたアランの義理の兄となったウルフ・パックの一人ダグ(いつも居なくなってしまう方のダグ)が、ウルフ・パックのフィル(ブラッドリー・クーパー)とステュ(エド・ヘルムズ)に助けて欲しいと頼んで、仕方なく承諾。乗る気のないアランをアリゾナまで連れて行こうとした所、途中で大きなトラックに襲われてしまう!なんとそれが黒い方のダグ(マイク・エプス)と、その親分マーシャルだった!マーシャルに寄れば、レスリー・チャウがマーシャルの金の半分を横取りしたという。お前らならチャウを探せるので、連れて来いと、またもや、ダグ(いつも居なくなるほうのダグ)が人質として連れて行かれてしまう。

と、今回は完全に「二日酔い」関係ない!でも、話の上手さはあったね。マーシャルは黒い方のダグが「1」で、一回だけ名前を出した人。その人が出て来るのは上手いし、キャスティングも良いよね。でもウルフ・パックなら、もっともっと「二日酔い」からの奇跡を起こせたんじゃないかと感じる。今回はただの面白いロードムービー的なのが残念。記憶を無くして、記憶を取り戻していくのがこのシリーズの醍醐味。まあ酔ってる時は楽しいけれど、その次の日の朝がね、怖いのよ(経験済)。そこの面白さを映画にしたのがオリジナル。今回はマーシャルとか天井とか、シリーズの醍醐味をアッサリと描いているのが意外。肝心な「二日酔い」もエンドロールでアッサリ。「1」のような文句なしに面白い!とまではいかないけれど、そこらのコメディよりは確実に面白いのは確か。

しかしケン・チョンの勢いは凄いね。このシリーズも完全に乗っ取り、コーラーとかビールとかアメリカを代表する企業のCMにもガンガンに出ているし。しかもウルフ・パックは卒業なのに、チャウのキャラでスピンオフ考えているらしいじゃないですか!!

今回もヒップホップの使い方が上手い。Kanye WestとかA$AP Rocky2チェインズとケンドリック・ラマーとドレイクの私が大好きな「F@ckin Problems」とか。ちなみにあの人が演じたマーシャルという名前は、エミネムから取ったらしいよ。「1」を書いている時にちょうどエミネム聴いていたらしい。

ところでロサンジェルスを震撼させた事件の犯人クリストファー・ドーナーが最後に書き綴ったマニフェストにこの映画は出て来る。クリストファー・ドーナーはロサンジェルス市警の警察官だったが、市警に蔓延していた差別に怒り、自分のミスもそれによって正当に裁かれなかったと、一人テロった男。弁護士の娘夫婦や警察官を次々と殺し、ロサンジェルス郊外の山奥に立てこもり、そこで警察により殺された。そんなドーナーを黒人の若者達はツイッターで一人戦ったランボーとブラザー(黒人にとって意味深い兄弟の意味)をかけて「ランブロ」と呼ばれていた。そのドーナーが、「続編は絶対に面白い筈で楽しみにしているけど、もう見ることはないだろう」と語ったのが、この映画だった。

やっぱりね、その後ウルフ・パックが揃った時に、盛り上がるのは「1」の思い出話なんじゃないかと、経験者は思う訳。

オフィシャルサイトはこちら

(4.5点/5点満点中:5/24/13:劇場にて鑑賞)