SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
*駒草出版 WEBにてBLM(ブラック・ライヴズ・マター)を理解するための5本を寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 2月号にて「オールタイム・シスターフッド映画30」と「イケメン女優名鑑BIG5」に寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 1月号にて監督4名について、そして『40歳の解釈: ラダの場合』レビューを寄稿。(11/21/20)
*映画秘宝 12月号にて『ラヴクラフトカントリー 恐怖の旅路』について寄稿。(10/21/20)
*映画秘宝 11月号にてチャドウィック・ボーズマンの追悼文を寄稿。(9/19/20)
*映画秘宝 10月号にて『サミュエル・L・ジャクソン in ブラック・ヴァンパイア』、『行き止まりの世界に生まれて』について寄稿。(8/21/20)
*映画秘宝 9月号にて『ザ・ファイブ・ブラッズ』レビュー&キャスト、最新ブラックムービー&ドラマ10選、ブルース・リー『Be Water』レビューを寄稿。(7/21/20)
*ミュージック・マガジン 8月号「ブラック・ライヴズ・マター」特集の「映画ガイド」にて29作選出、11作を解説を寄稿。(7/20/20)
*FRIDAYデジタルにて「映画が描いてきた「Black Lives Matter」の深層」というコラムを寄稿。(6/18/20)
過去記事

The Lovebirds / ラブバード (2020) 1758本目

いつみても波瀾万丈『ラブバード』

アメリカで、まだ映画館で映画が観れた頃(遠い日に感じる)、この映画の予告編が流れて、他の人もクスクス笑っていたけれど、私は爆笑してしまった。何だろう? 普通に面白そうに見えた。TVシリーズ
Insecure / インセキュアー (2016-Present)』のイッサ・レイと『ビッグ・シック ぼくたちの大いなる目ざめ』のクイメル・ナンジアニが共演。その『ビッグ・シック』に続いてマイケル・ショウォルターが監督。

ジブラン(クイメル・ナンジアニ)とレイアニ(イッサ・レイ)は、出会って恋に落ち、同棲していたが口論が絶えなかった。そんなある日、レイアニの知り合いのディナーパーティが終わったら、もう別れることでお互いが納得した。そのパーティに向かうため車に乗っていても口論。口論に夢中になったジブランが赤信号で発進してしまい、自転車に乗った男を牽いてしまう。その自転車の男を追っていた口ひげの男(ポール・スパークス)は、警察だと名乗りジブランたちの車を乗っ取り、その自転車の男を牽き殺した。呆然とする2人だったが、口ひげの男は立ち去り、その場に居合わせた人がジブランとレイアニを犯人だと思ってしまい、彼らは逃亡するが...

クイメル・ナンジアニとイッサ・レイ、2人とも会話劇が得意だと思うので、その2人の得意が生かされたラブコメ。2人の喧嘩は笑ってしまう。異人種カップルでも、今回は単純に白人&黒人or白人&別の人種ではないので、2人が小粋に人種という枠(人種そのものではなく人種という概念)を皮肉っているのが面白い。そして今回は会話だけでなく、フィジカルな大立ち回りなコメディも兼ね備えている。車で逃げたり、走ったり... 大忙しだ。衣装がちょくちょく変わるのも面白い。そして舞台がニュー・オリンズなので、その雰囲気も味わえる。そして、最後はとんでもない方向に向かう。秘密結社が... 笑ってしまう。そしてラストは見事な伏線回収。

この映画は全てが小粋だ。トントン拍子に進んでいく気持ち良さがありながら、良く分からない方向にも向かっていく。予定調和でありながら、すんなりとはいかない面白さがある。
(4点:1758本目)
www.blackmovie-jp.com