SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
*駒草出版 WEBにてBLM(ブラック・ライヴズ・マター)を理解するための5本を寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 2月号にて「オールタイム・シスターフッド映画30」と「イケメン女優名鑑BIG5」に寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 1月号にて監督4名について、そして『40歳の解釈: ラダの場合』レビューを寄稿。(11/21/20)
*映画秘宝 12月号にて『ラヴクラフトカントリー 恐怖の旅路』について寄稿。(10/21/20)
*映画秘宝 11月号にてチャドウィック・ボーズマンの追悼文を寄稿。(9/19/20)
*映画秘宝 10月号にて『サミュエル・L・ジャクソン in ブラック・ヴァンパイア』、『行き止まりの世界に生まれて』について寄稿。(8/21/20)
*映画秘宝 9月号にて『ザ・ファイブ・ブラッズ』レビュー&キャスト、最新ブラックムービー&ドラマ10選、ブルース・リー『Be Water』レビューを寄稿。(7/21/20)
*ミュージック・マガジン 8月号「ブラック・ライヴズ・マター」特集の「映画ガイド」にて29作選出、11作を解説を寄稿。(7/20/20)
*FRIDAYデジタルにて「映画が描いてきた「Black Lives Matter」の深層」というコラムを寄稿。(6/18/20)
過去記事

Chain of Command / 日本未公開 (2015) 1418本目

マイケル・ジェイ・ホワイト師匠が出動!また懲りずに?WWEのストーン・コールド事スティーブ・オースティンと共演。『Tactical Force / スティーヴ・オースティン S.W.A.T. (2011)』以来。しかしあちらはストーン・コールド主演の映画だったので、MJW師匠ファンとしては消化不良。しかし今回はMJW師匠が主演!!やった!ヽ(゚ー゚*ヽ)(ノ*゚ー゚)ノ

ジミー(マイケル・ジェイ・ホワイト師匠)は、お帰りーとみんなに祝ってもらっている。出所なのか?と思ったら、軍人としての任務を終えて、地元に戻ってきたらしい。ジャーナリストの元彼女も出席しているが、早々に帰ってしまってガッカリのジミー。それにしても兄ウォルト(名前不明)の様子がどうもおかしい。弟なんだから分かるぞ!兄貴!という事で、兄に問いただすも、兄は口を閉ざしたまま。「妻を家に送って、その後にちゃんとお前には話す」と言って帰ってしまう。何か嫌な予感がするーー!的中。電話が掛かってきて、兄が襲われた。そして兄の友達の仲間も襲われた。一方で、いかにも胡散臭いおじさんに雇われたのがレイ(ストーン・コールド)。レイとその手下は、兄や仲間が襲われ独自の捜査を始めたジミーを警戒し始める。しかしいつも簡単にレイが送った手下がやられてしまう。それもその筈、ジミーは軍でも優秀な特殊部隊にいた男だったのだ!ジミーは真相を突き止めていくが...

と、いかにもMJW師匠の映画ぽいでしょ?ディス・イズ・ザ・師匠の映画!もう師匠が滅茶苦茶最強に強い!軍の経歴が凄すぎる。特殊部隊、準軍事行動、対敵諜報活動の訓練、ゲリラ武力衝突のエキスパート、訓練を受けた中で過去最高のアサシン、7つもの秘密工作を成功させている。もうこんな経歴を聞いただけで、やったー!!ってな訳ですよ。そんなジミーがとんでもない事に巻き込まれていくタイプのアクション映画。ストーン・コールドたちの肩書がね、これもすごかったりします。まあネタばれになるので書きませんけど。

私、マイケル・ジェイ・ホワイト師匠の好きな所が、強い人にはゴリゴリに強い!けど弱い人にはレベルを合わせるという所なんですよね。強い人にはメッタメッタのギッタギッタ!なマイケル・ジェイ・ホワイト師匠だけど、弱そうな男にはそこまでお仕置きをしないよね。でも悪者には、それなりのお仕置き。そのバランスが好きなんですよ。強い人の優しさがつい出ちゃう。

と、正真正銘の師匠の映画!だけど、それ以上はないんだよね。なんかもう一個、わーーっとテンションが高くなるような事が欲しかったかな?師匠は最高!だけど他がダメ!やっぱり消化不良。

感想やあらすじはこちら

(3.25点/5点満点中:10/14/15:DVDにて鑑賞)