SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*Cinemoreにて定期的に映画について書いております。
*映画秘宝 1月号にて『ルディ・レイ・ムーア』について寄稿&インタビュー翻訳手伝い。(11/20/19)
*Cinemoreにて『大逆転』(83)についてを寄稿。(7/17/19)
*Cinemoreにて『星の王子ニューヨークへ行く』(88)についてを寄稿。(7/6/19)
*Cinemoreにて『スタンド・バイ・ミー』(86)についてを寄稿。(7/2/19)
*サイゾー 7月号にて『ザ・ヘイト・ユー・ギヴ』についてコメント出しております。(6/18/19)
*Cinemoreにて『シャフト』(2000年)についてを寄稿。(6/26/19)
*映画秘宝 7月号にてジョン・シングルトン追悼記事を寄稿。(5/22/19)
*ENGLISH JOURNAL (イングリッシュジャーナル) 6月号にて「ブラックムービーとアカデミー賞」の記事を寄稿。(5/7/19)
*ユリイカ5月号のスパイク・リー特集にて2本の記事を寄稿。(4/27/19)
*映画秘宝 6月号の「サノスの倒し方大全!」特集でサノスの倒し方を寄稿。(4/20/19)
*Fridayデジタルにて「激ヤバで面白い『ブラック・クランズマン』はトランプへの挑戦状!」というコラムを寄稿。(3/20/19)
*映画秘宝 5月号にてブラックムービー、スパイク・リー、『ブラック・クランズマン』、『ヘイト・ユー・ギブ』を寄稿。(3/20/19)
*映画秘宝 4月号にて『ビール・ストリートの恋人たち』&『グリーンブック』レビューを寄稿。(2/21/19)
*DU BOOKS 「ネットフリックス大解剖 Beyond Netflix」に『親愛なる白人様』について寄稿。(1/25/19)
*映画秘宝 3月号秘宝ベスト&トホホ10&ドラマ・オブ・ザ・イヤー2018に参加。(1/21/19)
*リアルサウンドにて「ブラックムービーの今」というコラムを寄稿。(1/3/19)
*『ブラック・クランズマン』マスコミ向け試写会用プレスにスパイク・リーについて寄稿。(12/19/18)
過去記事

The Weekend / 日本未公開 (2018) 1719本目

地獄のような優しさの元カレとの週末『The Weekend』

誰でも失恋くらいはしたことがあると思う。ごく稀に初恋を成就させて結婚する人もいるかもだけど、あの玉木宏だって、振られたことがあると語っていたので、まあ世の中の人97%は失恋を経験している筈。私も幾つか経験して大人になりましたが、スッキリと忘れてしまい、今や名前すら憶えていない人もいれば、中には今でも夢に出てくる人までいる(なんかごめん)。まあ相手やタイミングが違えば、結果というか色々と違ってくるものです。この映画の場合、かなーーり尾を引いているタイプの女性が主人公。面白いのが、本人は割りとさっぱり系でイジイジしなさそうなのに、かなーーーり面倒臭い感じで拗らせております。主演は、『サタデー・ナイト・ライブ』のレギュラーだったサシェア・ザマタ。監督は、『Everything, Everything / エブリシング (2017)』のステラ・メギー。恋愛映画監督の新星!

スタンダップコメディアンのザディ(サシェア・ザマタ)は、ステージに立ち観客を笑わせていた。次の朝、ブラッドフォード(トーン・ベル)が迎えに来た。この週末は、ブラッドフォードの誕生日で、ザディの母が経営するB&Bで過ごす予定なのだ。車内で和気あいあいと過ごしていたが、ブラッドフォードはもう一人を迎えに行った。マーゴ(ディワンダ・ワイズ)だった。マーゴは、私が助手席に座るべきだと主張し、ザディは負けて後部座席に移った。そう、ブラッドフォードはザディが3年前に別れた元カレで、今でも何でも話せる親友。そしてマーゴは、ブラッドフォードの新しい彼女。奇妙な3人の週末の旅が始まるが、B&Bには1人で宿泊中のオーブリー(イ’ラン・ノエル)も居て...

ブラッドフォード、いけず...でしょ?別れた彼女を親友として近くに置いておくなんて、凄くズルいよね。2人は付き合う前の大学時代から親友で、その流れで付き合って、別れて...なので、まあ今更、会わないという訳にもいかない部分もあるけれど、ブラッドフォードは保険を掛けているようにしか見えなかった。そして、ザディがこれまた癖の強い女性なので、中々他の人から受け入れて貰えないだろうから、余計にブラッドフォードに固執するのも何となく分かる。ザディの場合、かなり拗らせているのに、割りと前向きで積極的なのが面白かった。マーゴにもズケズケと話すので気持ちが良い。しかし、ブラッドフォードはズタズタですな。まあ自分が招いた悲劇でしょう。映画自体は、会話が重点を置くタイプなので、好き嫌いが分かれる。

有吉弘行が再ブレイクし始めた頃だったと思う。テレビで「結婚する気がなかったら、それはハッキリ伝えて、嫌われて別れた方が彼女のためになる」みたいなことを話していて、それから暫く有吉がイケメンに見えて困ったことがある。この映画を観ていて、何となくそれを思い出した。拗れない別れ方って大事だよねって。紛らわしい優しさは時に地獄。鬼のようなことが、本当の優しさだったりもする。大人の恋愛って分かるまで苦労する。3年気づかなかったけれど、今回の週末でそれを理解したザディは、まだ幸せな方だったとも思う。

(4.5点:1719本目)
www.blackmovie-jp.com