SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
*駒草出版 WEBにてBLM(ブラック・ライヴズ・マター)を理解するための5本を寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 2月号にて「オールタイム・シスターフッド映画30」と「イケメン女優名鑑BIG5」に寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 1月号にて監督4名について、そして『40歳の解釈: ラダの場合』レビューを寄稿。(11/21/20)
*映画秘宝 12月号にて『ラヴクラフトカントリー 恐怖の旅路』について寄稿。(10/21/20)
*映画秘宝 11月号にてチャドウィック・ボーズマンの追悼文を寄稿。(9/19/20)
*映画秘宝 10月号にて『サミュエル・L・ジャクソン in ブラック・ヴァンパイア』、『行き止まりの世界に生まれて』について寄稿。(8/21/20)
*映画秘宝 9月号にて『ザ・ファイブ・ブラッズ』レビュー&キャスト、最新ブラックムービー&ドラマ10選、ブルース・リー『Be Water』レビューを寄稿。(7/21/20)
*ミュージック・マガジン 8月号「ブラック・ライヴズ・マター」特集の「映画ガイド」にて29作選出、11作を解説を寄稿。(7/20/20)
*FRIDAYデジタルにて「映画が描いてきた「Black Lives Matter」の深層」というコラムを寄稿。(6/18/20)
過去記事

Restless City / 日本未公開 (2010) 1070本目

ナイジェリア出身のアンドリュー・ドスンムが監督作品が今年の映画初め。
今年の11月位から映画館ではずっと2時間以上の映画を見せられているので、この1時間20分というのにもちょっと喜ぶ。それくらいがちょうど良いよ。しかしこの映画、起承転結とか無視!1時間位はあんまり何も起きない。所謂小波が続くのです。でもその小波の1時間で、主人公がセネガルダカール出身の21歳でミュージシャンを目指している事はよーく分かった。そして舞台はニューヨークのハーレム。違法CDの露店をやっている。日本人も来るらしい。4年居るけど彼女は居ない。露店の元締めの女を好きになってしまう。彼女もアフリカからの移民。アフリカからの移民同士がまとまっている。最後の20分位で突然話が起承転結していきます!凄いスピードで!!でも飽きないね。アンドリュー・ドスンムはイヴ・サンローランでアシスタントデザイナーやっていたらしいので、主人公達の衣装が可愛い。そして撮影技師のブラッドフォード・ヤングの映像が最高に好き。

ニューヨークを舞台にしたアフリカからの移民の話で「Prince of Broadway / 日本未公開 (2008)」があるけど、あっちは色んな移民が絡み合ってたけど、このドスンムのはもうアフリカからの移民だけという凄く狭い範囲。男達が集まると、サッカーやるんだよね。アメリカ人が混じると、さすがにサッカーは無理。バスケットかフットボールになるもんね。アメリカの黒人にサッカーやろう!とか言ったら、「はあ?」ってなるね。

物語は唐突なんだけど、ちょっと在り来たり。これはドスンムのオシャレ感とブラッドフォード・ヤングの映像の美しさを楽しむ映画。もちろん脚本がもうちょっと良かったら、凄く話題になったであろう作品。ブラッドフォード・ヤングは「Pariah / アリーケの詩(うた) (2011)」とかも撮っていて、去年話題になった「Middle of Nowhere / 日本未公開 (2012)」も撮っている。私、かなり期待しております!いずれアーネスト・ディッカーソンみたいに撮影技師から監督にならないかなーという期待もしている。とにかく彼が取る作品は光の入れ方が美しく印象的。癖になる。そしてIMDBにもクレジットされてないのだけど、私は見つけましたよ、エンドのクレジットで!アーサー・ジャファの名前を!セカンドユニットで担当していたみたい。アーサー・ジャファも有名な撮影技師。「Daughters of the Dust / 自由への旅立ち (1991)」とか「Crooklyn / クルックリン (1994)」撮ってた人ね。アーネスト・ディッカーソンのせいで、割りと撮影技師マニアなの、私。

所でアンドリュー・ドスンムが松葉杖をつきながら撮影していたのが気になった。で、彼が使った音楽で、ナイジェリアの曲で「Kokoro」とか「Sakura」なんていう日本語なのも気になった。そして日本人の人達も台詞ないのにクレジットされていたり。色々と気になった。親日なのかしら?

主人公が好きになっちゃう女の子が可愛かった。彼女はアフリカからの移民の設定な筈だけど、本人はジャマイカからの移民らしい。ジャマイカの作品「Better Mus Come / 日本未公開 (2010)」にも出演していた。

変な癖があるんだけど、それが逆に癖になるような感じ。このアンドリュー・ドスンムとブラッドフォード・ヤングのコンビでまた観てみたい。違う脚本でね。

感想やあらすじやオフィシャルサイトはこちら

(4.75点/5点満点中:1/4/13:DVDにて鑑賞)