SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
*駒草出版 WEBにてBLM(ブラック・ライヴズ・マター)を理解するための5本を寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 2月号にて「オールタイム・シスターフッド映画30」と「イケメン女優名鑑BIG5」に寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 1月号にて監督4名について、そして『40歳の解釈: ラダの場合』レビューを寄稿。(11/21/20)
*映画秘宝 12月号にて『ラヴクラフトカントリー 恐怖の旅路』について寄稿。(10/21/20)
*映画秘宝 11月号にてチャドウィック・ボーズマンの追悼文を寄稿。(9/19/20)
*映画秘宝 10月号にて『サミュエル・L・ジャクソン in ブラック・ヴァンパイア』、『行き止まりの世界に生まれて』について寄稿。(8/21/20)
*映画秘宝 9月号にて『ザ・ファイブ・ブラッズ』レビュー&キャスト、最新ブラックムービー&ドラマ10選、ブルース・リー『Be Water』レビューを寄稿。(7/21/20)
*ミュージック・マガジン 8月号「ブラック・ライヴズ・マター」特集の「映画ガイド」にて29作選出、11作を解説を寄稿。(7/20/20)
*FRIDAYデジタルにて「映画が描いてきた「Black Lives Matter」の深層」というコラムを寄稿。(6/18/20)
過去記事

Step Sisters / ステップ・シスターズ (2017) (VOD) 1641本目

ビヨンセテイラー・スウィフトを救い...『ステップ・シスターズ』
f:id:blackmovie:20180913010525j:plain:right
大学のフラタニティソロリティが舞台になったステップ&ストンプを描いた映画は、ブラックムービーでは一つのジャンルとして確立したように思う。古くは『School Daze / スクール・デイズ (1988)』などがある。しかし『スクール・デイズ』はそれだけがテーマではなかったが、このジャンルのルーツとしては最初になると思う。そしてこのジャンルの火付け役は『Stomp the Yard / ストンプ・ザ・ヤード (2007)』になる。という訳で、ネットフリックスで配信されたこの作品を。

エストコット大(架空)にて黒人ソロリティの「セッタ・カイ・ファイ(TCP)」のトップとして君臨し、様々な学校での行事もテキパキとこなし、ハーバード大学の法律科に進むべく、全てを完璧にこなしてきたジャミラメガリン・エキカンウォーク)。しかしパーティ好きの白人女性が集うソロリティ「シグマ・ベータ・ベータ(SBB)」のパーティに誘われ行った所、次の日に大学で問題になり、学部長にお目玉を食らう。ならばと、その悪名高きSBBに、ソロリティの結束の助けとなる黒人ソロリティ伝統の「ステップ」でSBBの汚名挽回ジャミラは図るが、TCPからバカにされてしまい...

と、ま、いわゆる「マジカル・ニグロ」や「マミー」系の映画ではあります。つまり、黒人が特殊能力などで白人を助ける映画が「マジカル・ニグロ」。黒人女性が白人女性をドメスティックに手助け&励ますのが「マミー」系映画。昔の映画ならば、それまでだったのですが、この映画はそれを通じて主人公が自分を見つめ直し成長している。今まで外に向いていなかった目が、外に向かった事で閉ざされた世界が見えた感じ。

そしてチャールズ・ストーン・3世のいつもながらのテンポ良さと軽快さで、気軽に観れてしまう。『セイ・エニシング』のあの有名なシーンは、色々な映画で真似されたけれど、今回のも最高だった。ケヴィン役のマーキー・リチャードソンは、『Dear White People / ディア・ホワイト・ピープル (2014)』などでも大学生役を演じているけれど、今回のケヴィン役が一番好き。メガリン・エキカンウォークも可愛かった。

アメリカにもある手遊び。その手遊びにも、白人と黒人は楽しんでいた曲が違うらしく、「”パティ・ケーク”がテイラー・スウィフトなら、”ミス・メアリー・マック”はビヨンセよ」っていうセリフが分かりやすくて面白かった。

Step Sisters / ステップ・シスターズ (2017) (VOD)(4点:1641本目)