SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

映画秘宝 11月号

f:id:blackmovie:20180918013105j:plain:right:w300
9月21日(金)発売の映画秘宝11月号に「アメリカン・コメディ最新事情」を寄稿しております。『クレイジー・リッチ!』から、メリッサ・マッカーシーの『The Happytime Murders』と『Life of the Party』、ケイト・マッキノンミラ・クニス『The Spy Who Dumped Me』、大人の本気の鬼ごっこ『Tag』などなど... 笑えるアメリカ映画について書いておりますので、是非!
↓↓↓表紙が泣けるという噂のあの方が素晴らしいメッセージと共に!

映画秘宝 2018年 11 月号 [雑誌]

映画秘宝 2018年 11 月号 [雑誌]

で、記事には文字数の為詳細が書けなかったのですが、アンナ・ファリスの『Overboard』は、ゴールディ・ホーンカート・ラッセルというゴールデンコンビの『潮風のいたずら』のリメイク作品。アンナ・ファリスは、ゴールディ・ホーンの素晴らしきフォロワーだと思う!このオリジナル作品が大大大大大好きな私は、正直冷やかしのつもりで見た。けれど、無茶苦茶面白かった!設定がね、逆になっているのが良い。女性の方が苦労しているシングルマザー。男性の方が”クレイジー・リッチ!”なメキシカン。なのでヒスパニックの要素もありつつリメイクしたのが上手い。男性の方は、最初ぜっーーたいに嫌だ!と思ったけれど、映画でのアンナ・ファリス同様、徐々にハマってしまう魅力。シアトル・シーホークスの使い方も笑った。

レスリー・マンの『Blockers』もおススメ。高校最後の卒業パーティ「プロム」で処女喪失を誓い合った娘たちを阻止するべく、ママ・パパ友3人が協力し合うコメディ。マッチョな男が面白可笑しい映画が好きな人にはたまらない作品。WWEジョン・シナが色々と全裸でもやらかしている。ジーナ・ガーション、御年(おっほん)、まだまだイキマース!笑った。偉いよ!3人の男の子たちはアホだが、3人の娘たちは可愛い!

そして、タイトル長すぎで書くのを諦めた、『ジョニー・ノックスヴィル アクション・ポイント/ゲスの極みオトナの遊園地』も面白かった。相変わらず体張っている。娘が凄く可愛い。熊っ子も可愛い。というか、熊、凄い!

まだ公開前だから書けなかったけれど、メリッサ・マッカーシーは映画祭などで公開が始まった『Can You Ever Forgive Me? 』で物凄くいい評価を受けています。本当に元気が良くて絶好調なのです!

笑う門には福来る!是非ともよろしくお願いいたします。