SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Big Fella / 日本未公開 (1937) 1388本目

という事で、先日に続いて最強・最高俳優ポール・ロブソンの映画をぉおおお!!先日の『Song of Freedom / 日本未公開 (1936)』に書くのを忘れてましたが、ポール・ロブソンがイギリスに渡って撮った作品です。2作品とも。というのも、ポール・ロブソンは自伝の中でこう語っている「俳優になりたての頃の私は、他の黒人エンターテイナーと同じで出演する映画のシナリオなどには無関心だった。大事なのは出演できるチャンスだった。しかも黒人が主役を貰えることなど千載一遇のチャンスだった」と。さらには「ミシシッピーからやってきた黒人がシカゴがいいところと思うように、私にとってはロンドンがいいところだったのである」と。ミシシッピーのジムクロウ法みたいな見える差別は無いシカゴだけど、実際には問題山積み!という事です。

とは言え、先日の『Song of Freedom』とは違い、エンターテイメント性に拘った作品。そしてこの時代の「悪い」慣習に沿った作品でもある。黒人が白人を助けるという、所謂マジックニグロ的な作品と思いきや...ラストが捻ってあって...でも最後の最後になんでそこでブラックフェイス?という後味の悪さ。ロブソンらしくないかなーと思う。ブラックフェイスさえなければ...

という訳で、先日の映画にも共演していたエリザベス・ウェルチという女優さんが気になりますよね。今回は前回よりも歌っている。しかもソロで。物凄く上手い。どうやらアメリカ生まれの女優さんなんだけど、なぜかイギリスに渡って活躍したらしい。彼女が歌う「ストーミー・ウェザー」も有名らしい。先日の映画では献身的で優しいポール・ロブソンの妻を演じていたけれど、この映画ではチャキチャキなクラブシンガー。良い感じです。ウェルチは1980年頃に一線から退き、2003年にロンドンにて99歳で他界。

ちなみにロブソンの実生活での奥様もチョイ役で出演。クラブで働く女性で、ロブソンに対して「あんな奴」的な怖い視線を送っている女性ですwww。

感想やあらすじはこちら

(4点/5点満点中:7/14/15:DVDにて鑑賞)