SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Show Stoppers / 日本未公開 (2008) 1282本目

DVDの整理をしていたらやたらと気になりましてね。「Tell Me」なんていう曲が90年代中期に流行った「グルーヴ・セオリー」なんていう男女デュオの片割れのブライス・ウィルソンなんていう人が出演!ってか、若い子は知らないかもねー。滅茶苦茶男前で、黒人ティーン向けの雑誌にも当時は良く載ってたんだよ。元々、別のグループ「マントロニックス」にも居た。90年代が青春の私には王子様的な人。そのウィルソンの相手役になる主役は、『White Chicks / 最凶女装計画 (2004)』で、マーロン・ウェイアンズが演じたマーカスの妻ジーナを演じたフォーン・チェンバース。実生活では、アウトキャストとかPディディなどのミュージックビデオでお馴染みの傘男フォーンズウォース・ベントリーの奥さん。そんな2人が出演しているのが、大学のソロリティフラタニティのステッピングをドラマにした作品。このステッピング、黒人大学のソロリティフラタニティの伝統的な事なので、一般的な大学にはない...というか、一般的な大学に黒人系列のソロリティフラタニティがあるならあるかもだけど。ステッピングって何よ?っていう貴方。日本でも古くはスパイク・リー大先生の『School Daze / スクール・デイズ (1988)』や、最近だと『Stomp the Yard / ストンプ・ザ・ヤード (2007)』は紹介されているから、それくらいは見ておこうよ。まあ『ストンプ...』はダンス的な要素が強いけどね。ステッピングは、自らの足でリズムを取り、バトンを使ったり、詩を引用する事もある。元々は軍の規律を守るフォーメーションと、アフリカのダンスを取り入れた物。フラタニティソロリティの規律と団結を見せ付けるのに用いられるのが、ステッピング。

そんな訳で、デスティニー(フォーン・チェンバース)はソロリティのステッピングチームを率いるリーダー。彼女達のステッピングは、メンバーで一番才能があるパム(エンジェル・コーウェル)が担当していた。しかしいつになってもリーダーにはなれないパムは嫌気が差した。そしてパムは学費の事で問題があったのもあって、隣の大学のチームに鞍替えしてしまう。そんなパムが抜けたチームは、スポンサーも付かず、チームも消滅させられそうであった。そんなデスティニーに残された道は、次の全国大会で優勝するのみ。しかし中々状況は厳しかった。そんな中、デスティニーの相談に乗るのが、幼稚園からの幼馴染ファビアン(ブライス・ウィルソン)と従兄弟のカジノ(ジャッキー・ロング)だった。ファビアンは大学の優秀なフットボール選手で、プロの道も開かれていた。そのファビアンのチームメイトであるクレム(フレドロ・スター)がデスティニーに目をつけデートに誘う。傷ついたファビアンは、プロへの道を先急ごうとし、デスティニーはチームとファビアンを失いかけていた...

って私も上手くまとめたわー。映画はそこまで上手くはまとまってませんよ!なにせ低予算なインディペンデンス映画ですから!!でも、ただいま恋愛脳でお花畑状態の私には、デスティニーとファビアンの少女マンガのような設定が非常ーーーに心地良かった。ファビアンがついついデスティニーの似顔絵を描いちゃうんですが、そこは『昼顔』好きの私は「お前はリカコしか描けなくなった加藤画伯かっ!」ってちゃんと突っ込みましたよ。上にも書いたけれど、そんな加藤画伯ぽいファビアンを演じたブライス・ウィルソンは王子様キャラですからー!ってかね、よーーーく考えたら、ブライス・ウィルソンってそんなに私と年変わらない?いや年上じゃね?と思って調べてみたら、この映画の頃は35-36歳!おっさんやん!フォーン・チェンバースも31-32歳。おばさんやん!30代の2人が大学生役。ぷぷぷ。しかも懐かしいでしょ?フレドロ・スター!!ONYXの!『Sunset Park / ザ・コーチ/勝利のダンク (1996)』の頃とか可愛かったよね。って事は、彼が一番年上で36-37歳。でもみんな大学生ー!!でもまあそんなに無理はない。なにせブライス・ウィルソンは王子様ですから。超カッコ良いフットボール選手。しかもクォーターバックですやん!って、彼の色々と忠告する大学の掃除をしているオジサンが出てくるのですが、これがロジャー・E・モーズリー。大好きなのよ。泣かせるの私を。まあロジャー・E・モーズリーについては、今度いつかまたじっくり。でも彼が演じた役は、多分元々はジム・ブラウンにオファーしたかったんじゃないかな?だって、この映画でのモーズリーはまるでジム・ブラウンよ。

そして、デスティニーの従兄弟を演じたジャッキー・ロング。私の義理の従兄弟にそっくり!しゃべり方も、見た目も何となくね。しかもこのカジノぽい性格なの。私と会う度に「君は会う度に小さくなっていくね!」と、まるで『エクスペンダブルズ』のジェット・リーをイジメるスライ隊長的に私をイジメるんだけど、たまーーに「お、俺の一番好きな従姉妹だ!」とか家族扱いしてくれる超可愛い奴でもあり、全然憎めないのです。なので、ジャッキー・ロングが出てくる度になんか嬉しかった。この映画での彼は、まるでうちの従兄弟だから。

点数は低くなりましたが、嫌いじゃないです!むしろ好き。デスティニーとファビアンの恋物語をもうちょっと見たかったかなー。

感想やあらすじはこちら

(3点/5点満点中:9/22/14:DVDにて鑑賞)