SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Tyler Perry's Acrimony / 日本未公開 (2018) 1640本目

義理堅いタラジ・P・ヘンソンの情に厚い女気が恨みに代わる時
f:id:blackmovie:20180911222702j:plain:right
タラジ・P・ヘンソン主演、タイラー・ペリー監督のスリラー作品。タイトルの「Acrimony」って、アメリカ人でもあまり聞かない英語だそうで、これが公開する前、辞書サイトに調べる人が殺到したそうだ。辛辣とかとげとげしさとか恨みとか... そういう苦々しい意味を持つ言葉。

裁判所から接近禁止命令を受け、そしてカウンセリングを受けていた女性…… メリンダ・ゲイル(タラジ・P・ヘンソン)という女だった。カウンセリング中、彼女は大学時代の話を始める。ロバート(リリク・ベント)という男にメリンダが初めて会ったのが、その時だったからだ。彼らは出会い、そして恋に落ちた。ロバートは発明家で大きな夢があったが、それ以外は要領も悪く、いわゆるうだつの上がらない男ではあった。そんなロバートをメリンダは献身的にそして経済的にも支えたが、他の女性ダイアナと浮気している所を発見してしまい、メリンダは衝撃的にリベンジしてしまう。しかし、その後仲直りをして、結婚。相変わらずうだつの上がらないロバートだったが、発明したものをとある会社に売り込んでいた。その会社にたまたま働いていたのが、ダイアナだった。2人は接近していくが...

オスカーノミニーでもあるタラジ・P・ヘンソンって、オファー断らないんじゃないかな?って位、たまになんで?っていう作品にも出たりする。多分、今回はタイラー・ペリー作品だったから出たんだろうなーとは思う。結構義理堅いんじゃないかと。出だしはニーナ・シモンが掛かったりして、とても期待出来るんだけど、やっぱりーって感じ。『Empire 成功の代償』で、タラジ・P・ヘンソンがキーキー言っているのは面白いんだけど、この映画でクレイジーに仕返ししていくのは、面白くなかった。ヘンソンが演じた女性が、どんどんクレイジーになっていく様は、あの状況からは理解出来るんだけど、共感は全く出来ない。まあ、タイラー・ペリーの作品なので、どこかで自分や他人を許すことをしないと、こういう結末になりますよって事かもしれないけれど、で?とは思った。不快感しか感じない結末。っていうか、ホラー映画。メリンダもロバートもダイアナも嫌い。と、誰も好きになれなかった。だから結末どうでも良かった!この映画で良い人が居るとしたら、オファーを断らず、真面目にやり遂げたタラジ・P・ヘンソン姐さんでしょう...

Tyler Perry's Acrimony / 日本未公開 (2018)(3点:1640本目)