SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Step Off / 日本未公開 (2010) (Video) 878本目

タイトルとジャケットの感じ(パーカー深く被る系)から、最近もう食傷気味のダンスの青春映画だと思ってました。主人公は才能あるんだけど、お金が無くて大会に出て優勝して万事オッケー的な映画だと思ってたんですよ。っていうか、まあそうなんですがダンスじゃなくって音楽プロデューサーを夢見る話。でも主人公リッパを演じたコンラッド・クリフトンはチャーミング。コロンバス・ショート的でちょっとだけシャノン・ブラウン的(レイカーズの選手で最近モニカと結婚した)でもある。アトランタが舞台で、タイラー・ペリーみたいにアトランタの外観の映像から始まる。タイラーとは違って夜だったけど。そして、バトル前に「8マイル(2002)」のエミネムみたいに...吐かないでしょ!黒人、やるっきゃないでしょ!でも完璧にバトルのシーンは「8マイル」に影響されてるね。でも最後に主人公がチャレンジする大会の名前聞いてずっこけたね。「ビートの鉄人」だってさ。英語では「Iron Chef Beat Battle」。「Iron Chef」は「料理の鉄人」がアメリカで放送されている時の英語のタイトル。しかもさ、その大会っていうのが西代表、東代表、南代表と分かれていて、そこで優勝すると日本行きが貰えるらしいんだね。だから鉄人かよー!でも単純だから、こんな所に日本が出てきたので、ちょっとテンション上がって映画に入り込んだよね。

後は普通に進みます。でも嫌味が無いんですよね。何でだろう?他の青春映画だと、私の場合いい年なので「うわ!」って引いてしまうのですが、これはそれが無かった。主人公の相手役も演技は下手なんですがチャーミング。話し方がタラジ・P・ヘンソンを和らげた感じかな。ルックスは全然違いますけど。2人が恋に落ちていく感じがゆっくりでしかもお互いの魅力を徐々に出しているので、大人の私でも納得なんですよ。恋に落ちるだろうなーって。オバサンでも納得の恋愛。大人ぶってなくてね。ヒップホップの豆知識クイズを出し合うのが笑ってしまう。それでもお互いにサプライズな部分があって、それが余計に恋愛を刺激してます。

そしてこの映画で良かったのが、レコード屋の親父。彼だけはベテラン俳優なので上手い。私も余生はあの親父のように地元で頑固にレコード売って、若者にかっこ良くアドバイスしちゃったりしたいね。

感想やあらすじはこちら

(3.75点/5点満点中:DVDにて鑑賞)