SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

War Room / 日本未公開 (2015) 1435本目

N.W.Aの自伝映画『Straight Outta Compton / ストレイト・アウタ・コンプトン (2015)』が大ヒットした2015年夏のアメリカ。『コンプトン』公開から3週目に公開され、なんと2位となったのがこのキリスト教映画だ。しかも次週にはその『コンプトン』を1位の座から引きずり降ろして、見事に1位を獲得。って、この映画は誰も知らない監督&俳優なのに何なんだ!と話題になった作品。いや、本当に今でもなんであんなにヒットしたのか謎。なんで?

エリザベス(プリシラ・C・シャイラー)は不動産仲介業をしており、製薬会社に勤めて成功した夫トニー(T.C.・ストーリングス)と娘ダニエラと暮らしており、一見幸せそうな家族であった。しかし最近はエリザベスとトニーの間で会話もままならず、すれば喧嘩で、ギスギスしていた。トニーは仕事一辺倒。家族の為にと躍起になっていた。娘ダニエラの話もまともに聞いていない。エリザベスが今度仲介するのは、クララ(カレン・アバークロンビー)というおばあちゃんの家。一人で住んでいるので手放す事になった。クララはエリザベスの状況をすぐに読み取る。「家庭が上手くいってないんでしょう?私が話しを聞くわ」と、勝手に段取りをしてしまう。戸惑うエリザベスだが、クララは間違っていないので、話しを聞いてもらう。クララの亡くなった夫は軍人で戦術・作戦指令室(ウォー・ルーム)担当だった。クララも自分の家のクローゼットをウォー・ルームと呼び、そこで神への祈りを続けていたのだった。早速、自分のクローゼットをウォー・ルームにするエリザベスであったが、夫に近づく女性が居て...

まあ本当になんでヒットしたのか分かりません!!!正直書くと、タイラー・ペリー作品で免疫ついているので、同じじゃん!と思ってしまった次第であります。いやね、まだね、タイラー・ペリー作品なら分かるんですよ。結構有名な俳優(過去にはイドリス・エルバタラジ・P・ヘンソン等)を使ってますし、まあ何しろタイラー・ペリー自体が黒人の間では物凄い知名度ですから。でもこれは監督も俳優も誰?って感じですし... しかもキリスト教映画としても普通。何か凄い特徴がある訳でもないし、派手な仕掛けがある訳でもないし、逆に話題になるような問題論争がある訳でもない。ただただ普通。いや、普通以下かもしれませんよ...(´・ω・`)

唯一良い所があるとすれば、娘のダニエラちゃんがカワ(・∀・)イイ!!って事位だったり...

2015年夏のミステリー。で、私、思い出したんですよね!たまに映画館が教会に貸し切られている事を!教会バイブル地帯と言われるここ南部では、意外にもまだそれを目撃していないのですが、LA時代に見ました!1回2回じゃなく、割りと頻繁に!どっかの経済力のある教会が映画館を貸し切ったんですかね?そうに違いない!そうじゃないと、このヒットはオカシイ!!神の力か!!ああー、本当に謎。誰か解決してぇええー!

感想やあらすじやオフィシャルサイトはこちら

(3.25点/5点満点中:1/13/16:DVDにて鑑賞)