SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Draft Day / 日本未公開 (2014) 1276本目

いえーい!大学&NFLフットボール開幕ー!ふっとぼーーーーるしーーーずーーーん!!NFLはそんなになんですが、大学フットボールは大好きであります!ので、この映画の題材となったNFLドラフトは好物君。だって、小さい頃からの夢が叶う瞬間だよ。見ていて、本当に感動します!特にこの映画の2014年NFLドラフトは楽しみでした。何ていったって、大学時代から応援していたデ・ラ・ソウルのDJのメイスの息子トレ・メイソン君がドラフト宣言していたから。身内でもなんでもなく単なるファンですが、どこに行くのか気になっておりました!トレ君は、3巡目の75位で見事セントルイス・ラムズに選ばれました!フロリダの自宅で、パパ・メイスに見守れながら喜んでいましたよ。あの時の嬉しそうなパパの笑顔が一生忘れられません!というか、ドキュメンタリーでしょ、もう。同じセントルイス・ラムズには、ドラフト前に同性愛者である事を勇気をもって発表したマイケル・サムもぎりぎりドラフトで選ばれたけれど、彼はルースター入り出来なかった。マイケル・サムは非常に有望なフットボール選手なので残念であります。「もし」という言葉は使ってはいけないのは分かっているけれど、もし彼が同性愛者である事を発表していなかったら?とは、正直思う。ドラフト前と後の報道を見ると余計に。という事で、NFLドラフトというのは壮大で壮絶なドラマがある!

NFLドラフトは毎年、ニューヨークのラジオ・シティを会場に行われている。2014年も例外ではなかった。今年の目玉はクォーターバックのボー・キャラハン。ウィスコンシン大学で活躍し、ハイズマン賞も受賞した。クリーブランド・ブラウンズは、長年使ってきたクォーターバックが怪我に苦しんでいた。オーナー(フランク・ランジェラ)は、GMソニーケビン・コスナー)にキャラハンを取るようにプレッシャーをかけた。しかし、ソニーにはオハイオ大の守備選手であるヴォンテ・マック(チャドウィック・ボーズマン)が心に残っていた。ソニーの元にシアトル・シーホークスの陣営から電話が入る。シアトルは1位指名権を持っていて、新しいクォーターバックが欲しいであろうクリーブランドに打診してきたのだ。しかしそのトレードは1位権を譲る代わりに、向こう3年のクリーブランドの1巡目のドラフト権をシアトルに譲るというものだった。そんな将来の希望のないトレードは、ヘッドコーチ(デニス・リアリー)から猛反対を受けた。NFLドラフト開幕まで数時間...ソニーは壮大なドラマを背負い決断を決める...

んーーーっもう面白かったです!でも先に劇場で見なくて、今見てよかったと思いました。映画は、実際の2014年NFLドラフトの前にアメリカで公開されたのです。これね、実際のNFLドラフトも同じくらいのドラマがありましたからね!完全にこの映画のボー・キャラハン=ジョニー・マンゼルですもの!ジョニー・マンゼルは、テキサスA&M大で活躍し、ハイズマン賞も取った選手。行動も言動も派手。まあこう言っては、またまた口悪いですねと言われるかもですが、正直に書くと、ジョニー・マンゼルは久々のグレート・ホワイト・ホープ(意味は『The Great White Hope / ボクサー (1970)』とか『The Great White Hype / ファイト・マネー (1996)』をご覧ください)だものね。彼自身はダラス・カウボーイズに入りたかったので、他のチームのインタビューは適当で評判が悪いと言われていた。でもクリーブランド・ブラウンズが取るであろうと言われていた。もちろん1位でも予測されていたほど。しかしクリーブランドの番になっても指名されず、本人が入りたかったダラス・カウボーイズも別の選手を指名。結局、1巡目の22位でマンゼルはクリーブランド・ブラウンズに指名された(ちなみに私が応援するアラバマ大のハハ・クリントン=ディックスはその前の21位!勝った!いえい!)。と、この映画のボー・キャラハンと同じ位の壮絶なドラマがあるんですよ。実在のチームや選手をミックスさせたのが、この映画をドキュメンタリーじゃないかと思わせた面白さですね。ドラフトの指名読みはロジャー・グッデル本人という豪華さですしねー。しかもテリー・クルーズが、ドラフトされるかもしれない選手のパパ役で元NFL選手という、そのままの役で出ているのもリアリティがあってよかった!しかも、Pディディ事今の名前なんだったっけ?のショーン・コムズがボー・キャラハンのエージェント役。これは、ジェイーZがエージェントやってたりするのを受けての配役だろうね。

忘れてはならないのが、チャドウィック・ボーズマン。『42 / 42〜世界を変えた男〜 (2013)』や『Get on Up / ジェームス・ブラウン〜最高の魂(ソウル)を持つ男 (2014)』などが好調ですっかり自伝映画請負人となったボーズマン。この映画では、普通に架空のキャラクターを演じてみせている。滅茶苦茶いい男でさー、泣かすよ!最後、全然架空なのに泣いたよ。おー、良かったーと思わせる演技ね。この人は上手いわ、やっぱり。

あの89年のスーパーボウルジョン・キャンディ(そうあの)の秘話とか面白かったー。チームから捨てられそうな破れかぶれな怪我を負ったスター選手とか、スターで頭でっかちになった選手とか、ひたむきにフットボールやっている男とか、チームのために頑張っている裏方とか、ひたすら応援するファンとか、ギリギリな取引とか... 無茶苦茶熱いフットボールと裏の壮絶なドラマが観れるんですが、興味無い人には多分何にも刺さらない映画だなーとは思います。まあ、そんな人たちはケビン・コスナージェニファー・ガーナーの年の差カップルの行方だけでも見るのも良いかもです。いやそれも興味ないかもだけど。なんていうか『Jerry Maguire / ザ・エージェント (1996)』には確かに似ている。あれよりもフットボールをマニアックに突き詰めて、マイナス「ハローだけで一目ぼれ」という名台詞かな。『ザ・エージェント』程、最高!って訳でもないですが、十分に楽しめる。まあこの映画の最大の難点と言えば、スポーツの場合は事実の方がドラマ化よりも面白いって事でしょうかね?

ってか、最後はクリーブランド・ブラウンズという事で、あのミスター・ブラウンズ、ジム・ブラウン御大が特別カメオ!最後まで泣かすぜ!

感想やあらすじやオフィシャルサイトはこちら

(4点/5点満点中:9/8/14:DVDにて鑑賞)