SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

They Call Me Sirr / 明日へのタッチダウン 栄光に向かって (2001) (TV) Bookmark and Share

Cast >> Michael Clarke Duncan (Coach Griffin), Kyle Kass (Young Sirr), Kente Scott (Sirr Parker) ...
Director >> Robert Munic
Writer >> Robert Munic
Producer >> Robert Munic
Genre >> Sports
Country >> USA

総合ポイント 3.25点/5点満点中
内容 >> 3 演技 >> 4 演出 >> 3 音楽 >> 3

"Always lead"
物心ついた時からフットボールが大好きだったサー・パーカー(ケンテ・スコット)。才能にも恵まれていた。しかし、母はアル中でおばあちゃんに育てられた。母は都合の良い時だけ帰ってくる。そしてまた帰って来たかと思えば、サーの弟になるドンヤという赤ちゃんを置いて、また出て行ってしまう。サーは高校フットボールの地元では伝説的なコーチであるグリフィン・コーチ(マイケル・クラーク・ダンカン)にも認められ、チームでの活躍も期待されていたが、おばあちゃんも年齢的に具合が悪く、そしてまだ幼い弟の面倒、そしてバイトに明け暮れるサーには、フットボールの時間など無かったのだった...

実在のフットボール選手サー・パーカーの自伝映画。日本に居るとNFLか日本の大学チーム位しか、アメフトに触れる機会がないので、何となくアメリカ人はみんなNFL選手のように才能があるんじゃないかと勘違いしてしまう。実際にアメリカのごくごく普通の高校の試合を見ると、やっぱりあそこ(NFL)は選ばれし者だけが行ける最高の場所なのだと、改めて気が付かせてくれる。才能のある者など、ごくごく僅かである。大学で活躍しても、NFLで活躍できるとは限らない。環境やチームの問題で、鳴り物入りNFL入りした選手でも、容赦なくカットされるのを見てきた(ティム・ティーボーみたいな)。この映画のサー・パーカーはその才能に加え、環境が悪いのを見事に跳ね返した人である。でもそんな努力家の彼でも、NFLの道は厳しい。

エンディングは華々しく終わっている。でも現実は本当に厳しい。しかし更に言えば、サーの苦悩は映画で描かれたよりももっと厳しかったに違いない。ど根性の人である。そんな彼に幸あれ!と願うしかないのだ。頑張れ。

(9/8/13:DVDにて鑑賞)