SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

The Call / 日本未公開 (2013)

Cast >> Halle Berry (Jordan), Abigail Breslin (Casey), Morris Chestnut (Phillips), Michael Eklund (Foster), Michael Imperioli (Alan), David Otunga (Devans) ...
Director >> Brad Anderson
Writer >> Richard D'Ovidio
Producer >> Bradley Gallo, Jeffrey Graup, Michael A. Helfant, Michael Luisi, Robert Stein
Genre >> Thriller
Country >> USA
Release (US) >> 03 / 15 / 2013

総合ポイント 3.75点/5点満点中
内容 >> 3 演技 >> 4 演出 >> 4 音楽 >> 4

"It's already done."
ジョーダン(ハリ・ベリー)は、ロサンジェルス911コールセンターのベテランで、警察官ポール(モリス・チェスナット)との交際も順調だった。しかしある時とったコールが、若い女性リアからのもので、部屋に侵入者が来たというものだった。いつも通り進めていたジョーダンだが、ジョーダンのちょっとした不注意でリアはその侵入者に殺されてしまったのだった。それから6ヶ月、ジョーダンは現場を少し離れ、新入りの指導者をしていた。その新入りがとったコールがケイシー(アビゲイル・ブレスリン)からで、買い物の後に何者かに突然襲われて、車のトランクの中に居るという電話だった。新入りが何も出来なかったので、ジョーダンはそのコールを引き継ぐ事になるが...

ハリ・ベリーとアビゲイル・ブレスリンが共演のスリラー作品。なぜかWWEが制作に絡んでいるので、レスラーのデビット・オトゥンガも出演。プロットは単純で分かりやすく、先は見えてしまうが、それでもドキドキする。「嗚呼」と安堵した所で、また「あ!」と観客が希望を失う喪失感が、たまらない。裏切り感というより、喪失感。これまたハリ・ベリーが演じたジョーダンも、間違いを起こした後には喪失感が漂う。でもジョーダンにはまだ希望がある。犯人役の設定も気持ち悪くて、喪失感がある。顔が普通なだけに、余計に気持ち悪い。人は見かけによらないという怖さと、いつ自分がケイシーのような状況に陥るか分からない怖さを見せ付けられた。

たまにある中々面白い悪い作品。これだから、分かっちゃいるけど、ハリ・ベリーちゃんは止められないのである。

(7/1/13:DVDにて鑑賞)