SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*Cinemoreにて『大逆転』(83)についてを寄稿。(7/17/19)
*Cinemoreにて『星の王子ニューヨークへ行く』(88)についてを寄稿。(7/6/19)
*Cinemoreにて『スタンド・バイ・ミー』(86)についてを寄稿。(7/2/19)
*サイゾー 7月号にて『ザ・ヘイト・ユー・ギヴ』についてコメント出しております。(6/18/19)
*Cinemoreにて『シャフト』(2000年)についてを寄稿。(6/26/19)
*映画秘宝 7月号にてジョン・シングルトン追悼記事を寄稿。(5/22/19)
*ENGLISH JOURNAL (イングリッシュジャーナル) 6月号にて「ブラックムービーとアカデミー賞」の記事を寄稿。(5/7/19)
*ユリイカ5月号のスパイク・リー特集にて2本の記事を寄稿。(4/27/19)
*映画秘宝 6月号の「サノスの倒し方大全!」特集でサノスの倒し方を寄稿。(4/20/19)
*Fridayデジタルにて「激ヤバで面白い『ブラック・クランズマン』はトランプへの挑戦状!」というコラムを寄稿。(3/20/19)
*映画秘宝 5月号にてブラックムービー、スパイク・リー、『ブラック・クランズマン』、『ヘイト・ユー・ギブ』を寄稿。(3/20/19)
*映画秘宝 4月号にて『ビール・ストリートの恋人たち』&『グリーンブック』レビューを寄稿。(2/21/19)
*DU BOOKS 「ネットフリックス大解剖 Beyond Netflix」に『親愛なる白人様』について寄稿。(1/25/19)
*映画秘宝 3月号秘宝ベスト&トホホ10&ドラマ・オブ・ザ・イヤー2018に参加。(1/21/19)
*リアルサウンドにて「ブラックムービーの今」というコラムを寄稿。(1/3/19)
*『ブラック・クランズマン』マスコミ向け試写会用プレスにスパイク・リーについて寄稿。(12/19/18)
過去記事

Kings / マイ・サンシャイン (2018) 1643本目

007組がLAでプロジェクトA『マイ・サンシャイン』
f:id:blackmovie:20180918004622j:plain:right:w250
お約束通り、黒人女優が主役のサスペンス映画第2弾。今回はオスカー受賞で大御所となったハリ・ベリーちゃんが主役。『007』のダニエル・クレイグが共演。って書いたけれど、この作品の前後のサスペンス映画に比べると、そこまでサスペンス、サスペンスしていない。どちらかと言うと硬派なドラマ作品寄り。なので捻りはない。1992年にロサンゼルスで起きたロサンゼルス暴動の渦中に起きた、とある一家の物語。一家というか...一家ですね。

女の子が歩いてお店に行くと、万引きだと思われて店主に銃で撃たれた(ラターシャ・ハーリンズ事件)。1992年のロサンゼルス。ロドニー・キング暴行事件の映像をニュースで見ている一家が居た。暴動が起きる前の7週間前、ミリー(ハリ・ベリー)は、ケーキを焼いていた。家族が食べる訳ではなく、生活の為に売る為に焼いていたのだ。ある日、ミリーは男の子ウィリアム(カーラン・ウォーカー)が捕まりそうになっている所を、咄嗟に助けた。そして、身寄りのない彼をミリーは家に招き入れた。ミリーはそのような子供を何人も育てている女性だった...

という事で、ハリ・ベリーちゃんが演じたのが身よりの無い子供たちをLAで育ている肝っ玉母ちゃん。美人でスタイルが良過ぎる肝っ玉母ちゃんではある。上のプロットは下手くそにまとめてしまった。上手くまとめられない。LA暴動が起こっている最中、血のつながりのない家族にも様々なドラマが起きていく。プロットに出し忘れたダニエル・クレイグの役どころは、そのハリ・ベリーちゃん一家の目と鼻の先に住んでいて、クレイグがシャワー中も見えてしまう位近い所に住んでいるご近所さん。普段は、ハリ・ベリーちゃんに「下品よ!」と嫌がられている。けれど、色々と事件が起きて、ダニエル・クレイグもこの家庭と交流が出来て...プロジェクトA!そう、ダニエル・クレイグが、ジャッキー・チェンのあの『プロジェクトA』をやっている。まあでも、流石の007もジャッキーのスピード感には敵わないけれど。007も役柄と状況ゆえにああなっているので、本気だしたらジャッキーとどっちが凄いのかは分からない。でもあの名シーンを思い出して、つい「プロジェクトAかよ!」と突っ込んでしまいます。

最近、やたらと1992年のロサンゼルス暴動に絡めてくる作品は多い。『Gook / 日本未公開 (2017)』はその暴動との関連性とか重要だし、関係性も見えてくるのだけど、この作品に至っては、あまり関連性が見えてこない。暴動が起きてなくても、この家族には遅かれ早かれ何か起きていた気がする。それほどまでに、ミリーという女性が作ろうとしていたものは脆いように思えた。ミリーはとても素敵で殊勝な心掛けをしている女性だけれども。

Kings / マイ・サンシャイン (2018)(3.5点:1643本目)