SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

第86回アカデミー賞予想(2014)

という事で、誰もがやっているアカデミー賞の予想をやってみますか!!去年は5勝2敗。まずまずの予想でしょ?去年と同じく主要部門のみ。

  • 作品賞

12 Years a Slave / それでも夜は明ける (2013)
アメリカン・ハッスル」が対抗馬。まあでも「12」が取るでしょう!

  • 主演男優賞

マシュー・マコノヒー
理由は後で。もちろん私の中ではキウェテル・イジョフォーですよ!

  • 主演女優賞

ケイト・ブランシェット
正直、一番興味ないw。サンドラ・ブロックに取って欲しいけど、統計的に彼女かな?

ルピータ・ニョンゴ
負けてもいい!それでもいい!対抗馬はジェニファー・ローレンス。ジェニファーはオスカー会員の爺たちの心を掴んでるよね。怖いのはそこ。

  • 監督賞

アルフォンソ・キュアロン
いやもちろん私の中ではスティーブ・マックイーンだよ。初の黒人監督の受賞は彼にふさわしい。でも、あの「ゼロ・グラビティ」の映像感には今年は勝てないよね。仕方ないと思います。

ジャレッド・レト
統計的に。理由は後で。けど「アイ・アム・キャプテン・なう!」

  • アニメーション部門

「フローズン」
多分!というか、絶対ー!

という事で、主演&男優の理由ですよね。いやー、本当にマシュー・マコノヒーは一昨年位からキレキレで、元々彼のルックスが苦手だったんで、ずっと苦手な俳優だなって思っていた私ですら、「マジック・マイク」でピチピチのコスチュームで、「腰はこうやって動かすんだよ〜」と腰をクネクネしているのを見て、すっかり好きになってしまいました。という、私的な理由は置いておいてですね... 今年のハリウッドは「LGBTレズビアン・ゲイ・バイセクシャルトランスジェンダー)」なんですよ。グラミーで相当批判を受けたのにも関わらずラップ部門で受賞したのが、マックルモア&ライアン・ルイス。その曲での受賞は無いにも関わらず、彼等がグラミー賞でパフォーマンスしたのが「Same Love」。同性愛を歌った曲。そしてNBA選手のジェイソン・コリンズが、ゲイである事を公表し、つい先日には正式にNBAのブルックリン・ネッツと10日間の契約をして、初の現役のゲイ・プレイヤーが誕生し、マスコミは大々的にニュースを伝えていた。そして、今度はNFLで、そのNFLに入る前のドラフトでの有望選手マイケル・サムもゲイである事を公表しており、NFLとチームの対応に注目されている。

そして今回のオスカーの司会はエレン・デジェネレス。彼女は早くからレズビアンである事を公表し、その問題に立ち向かっているコメディアンヌ。なので、ホモフォビックだった男が自分がエイズになった事で、変わっていく様を演じたマシュー・マコノヒーと、トランスジェンダーを演じたジャレット・レトの受賞は、「LGBT」問題に大きな弾みとなるに違いないのです。

とは言えですよ、ジェイソン・コリンズもマイケル・サムも彼等のアスリートとしての才能が評価されている訳じゃなく、今の所マスコミは「ゲイを公表した」という事ばかりを先行させているのが悲しいですね。でもマコノヒーもレトもその資格が無いと言っている訳ではありません。マコノヒーは去年・一昨年に出た映画全てで取ってもいい程キレキレで、「Mud」は特に素晴らしかった。私が言いたいのは、「ゲイ」云々を置いておいて、全ての人が公正に評価される日が来れば...と願うばかりです。これは黒人問題でも同じですしね。かのオシー・デイビスが生前にハリ・ベリーがオスカーを受賞した時にも言ってましたね。「私にとってハリ・ベリーはもうとっくのとうに別の作品・役でオスカーを受賞しているよ」と。という訳で、キウェテル・イジョフォーに私も言いたいです。「私にとってキウェテル・イジョフォーはとっくのとうにDirty Pretty Things / 堕天使のパスポート (2002)Kinky Boots / キンキーブーツ (2006)でもう2回もオスカーを受賞しているよ」と。