SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
*駒草出版 WEBにてBLM(ブラック・ライヴズ・マター)を理解するための5本を寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 2月号にて「オールタイム・シスターフッド映画30」と「イケメン女優名鑑BIG5」に寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 1月号にて監督4名について、そして『40歳の解釈: ラダの場合』レビューを寄稿。(11/21/20)
*映画秘宝 12月号にて『ラヴクラフトカントリー 恐怖の旅路』について寄稿。(10/21/20)
*映画秘宝 11月号にてチャドウィック・ボーズマンの追悼文を寄稿。(9/19/20)
*映画秘宝 10月号にて『サミュエル・L・ジャクソン in ブラック・ヴァンパイア』、『行き止まりの世界に生まれて』について寄稿。(8/21/20)
*映画秘宝 9月号にて『ザ・ファイブ・ブラッズ』レビュー&キャスト、最新ブラックムービー&ドラマ10選、ブルース・リー『Be Water』レビューを寄稿。(7/21/20)
*ミュージック・マガジン 8月号「ブラック・ライヴズ・マター」特集の「映画ガイド」にて29作選出、11作を解説を寄稿。(7/20/20)
*FRIDAYデジタルにて「映画が描いてきた「Black Lives Matter」の深層」というコラムを寄稿。(6/18/20)
過去記事

Brooklyn Castle / 日本未公開 (2012) 1138本目

ニューヨークはブルックリンにある公立中学318校を舞台にしたチェスのドキュメンタリー。なんじゃらほい。チェスに掛けた中学生日記。ブルックリンとチェスとは何か異様な組み合わせに思えるが、その318校は全米でも強豪校として知られ、なんと全米チャンピオンに26回も輝いている中学校なのだ!というか、うちの子供もつい最近まで中学生だったけど、チェス・クラブなんて無かったぞい!でもチェスと言えば、「Fresh / フレッシュ (1994)」っていう映画で、サミュエル・L・ジャクソン演じたお父さんはチェスの名プレイヤーで、息子のフレッシュ君にも公園で特訓していたね。あの映画もニューヨークが舞台。ニューヨークはチェスのメッカなのかな?南部のうちの近所じゃあんな公園は見当たらない。ドミノならやってるけど。LAもドミノ派よね。LA舞台の映画ではドミノかトランプか...

という訳で、うちの周りじゃあチェス・クラブに入っている子は確実にギーク(いけてない奴)だけど、この学校ではいけているグループに属している子がチェス・クラブに入るほどのエリート揃い。校長も、それを認めていた。まあ26回もチャンピオンになる位だから、相当このチェス・クラブに掛けているのもある。

2009年、ロシェルという黒人の女生徒は13歳で8年生。ロシェルは、黒人女性で始めてチェスの「マスター」という称号を手に届く存在であった。しかし、ロシェルの母親はチェスよりも勉強を優先してもらいたい。ロシェルのプレッシャーである。そしてアレクシスは12歳の7年生男子生徒。両親が移民で、母親はあまり英語が上手ではなく、英語も上手く話せる移民2世代目のアレクシスに期待している。期待に応えようと努力するが、プレッシャーである。ポボもアレクシスと同じく12年生で7年生男子でナイジェリアからの移民の2世代目。しかし12歳には見えない程に体も成長していて、18歳でも通用するであろう大きな体が印象的。その体の印象通りで、頼りになるリーダー的存在であり、ムードメーカーでもある。そして2010年、ロシェルはテストの成績も良かったので、地元の公立だが進学校に通う事が出来た。そこでの環境も恵まれていて、寄付により近くの有名チェス・クラブで指導者をつけてくれるという。しかし、未だ母親はチェスより勉強!と思っていて、ロシェルは大きなプレッシャーを感じている。そして勉強とチェスの両立も少しずつ難しくなってきた。そしてロシェルの抜けた穴を埋めたのが、遠くブロンクスから通う事になったチェスの天才ジャスタス君。若干10歳ながら、レベルはロシェルより上。ジャスタス君のママはかなり協力的であり理解者でもある。でも、ジャスタス君は朝まだ暗いうちに起きて、その学校に通っている。結構辛そう。かなりプレッシャーにも弱い。ポボが兄貴代わりであり、ジャスタスが慕う姿はまだまだ可愛い6年生。

大体この4人が主役で、この映画の中で姿を追われている。ポボが良いキャラだね。彼は学校の生徒会長(プレジデント)に立候補。この時の発表のシーンが面白い。校長先生、毎年の事だから慣れていて、かなりの焦らし作戦。イラつくポボ君。ポボ君は、この映画の中で、夢を語っていて、それも面白い。政治家となって最終的な夢は大統領!でもすぐにやっぱり、フットボールで成功して、何十億と貰って....と言い直す所が、まだまだ中学生!そしてどうみても子持ちの20代しか見えないポボ君だってまだ中学生、負けて泣くことだってある!可愛いー。この映画にはポボだけじゃなくて、割りと色々な涙がある。涙の青春。

でもね、この映画の面白さは、出来る4人だけを追う訳じゃなくて、後からパトリックという少年も出てくる。彼は一番チェスが上手そうな風貌なんだけど、チェスの成績は悪い。何の病気かは分からないけど(大体分かってしまうけど)、薬を飲んでいるらしい。そういう子も頑張ってるのが良いね。

この映画で知った事は、ニューヨークには高校入る前の中学の時にテストを受けて、それの成績により学校が振り分けられるという事。私、地元が神奈川なので「アテストだー!!」と思いました。つーか、アテストもう無いんだ。無くて正解。あれだけで決められたからねー。

そして学校を襲うのは、アメリカの経済悪化問題。予算をカットされ、学校では放課後クラブの存続が危機となる。生徒会長となったポボ君を中心に、生徒も親も先生も頑張る。素晴らしい!ちなみにポボ君、政治家の素質あるのか、高校生となった今でも頑張ってるみたい。ロシェルはあと一歩で「マスター」になる。ジャスタス君は、もうチェス界では天才的で「チェス界のレブロン・ジェームス」と呼ばれ、アメリカの代表者として様々な大会に出場するほど!

中学生の頃に打ち込める何かを見つけられると、大人になった時良いよね。それは思う。それにしても、アメリカの中学校は、日本以上に成長のスピードがバラバラで面白い!大人にしか見えない子からちびっ子までが同じ机を並べて勉強している。でもみんな可愛い!!

感想やあらすじやオフィシャルサイトはこちら

(4.5点/5点満点中:7/17/13:DVDにて鑑賞)