SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
*駒草出版 WEBにてBLM(ブラック・ライヴズ・マター)を理解するための5本を寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 2月号にて「オールタイム・シスターフッド映画30」と「イケメン女優名鑑BIG5」に寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 1月号にて監督4名について、そして『40歳の解釈: ラダの場合』レビューを寄稿。(11/21/20)
*映画秘宝 12月号にて『ラヴクラフトカントリー 恐怖の旅路』について寄稿。(10/21/20)
*映画秘宝 11月号にてチャドウィック・ボーズマンの追悼文を寄稿。(9/19/20)
*映画秘宝 10月号にて『サミュエル・L・ジャクソン in ブラック・ヴァンパイア』、『行き止まりの世界に生まれて』について寄稿。(8/21/20)
*映画秘宝 9月号にて『ザ・ファイブ・ブラッズ』レビュー&キャスト、最新ブラックムービー&ドラマ10選、ブルース・リー『Be Water』レビューを寄稿。(7/21/20)
*ミュージック・マガジン 8月号「ブラック・ライヴズ・マター」特集の「映画ガイド」にて29作選出、11作を解説を寄稿。(7/20/20)
*FRIDAYデジタルにて「映画が描いてきた「Black Lives Matter」の深層」というコラムを寄稿。(6/18/20)
過去記事

We The Party / 日本未公開 (2012) 1029本目

遂にメルヴィン、マリオと続いたヴァン・ピープルス家も3世代目に突入!というか、ヴァン・ピープルス家のホームビデオ?って位、右を向いても左を向いてもヴァン・ピープルス、ヴァン・ピープルス、ヴァン・ピープルス!!!的なヴァン・ピープルス祭。マリオの子供達5人共に出演。しかも主役はその一人のマンデラ・ヴァン・ピープルス。おじいちゃんのメルヴィン・ヴァン・ピープルスだって、カメオ的に随所に出演。笑えるんです。しかも、マリオはマンデラのお父さん役で登場。ファンならこの設定は、キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!!ですよ。

LAを舞台にした青春映画。LA若者文化も山盛り状態。今やLAといえばスヌープ、スヌープと言えばLAのスヌープ・ドッグも登場。そしてLAの若手ラッパーのY.G.とかNew BoyzとかPink DollazとかThe Rejectzも登場。LA好きにはたまらない。そしてわれ等の武道兄貴マイケル・ジェイ・ホワイトも登場。テンションMAX。

LAと言っても広いですが、今回は黒人のビバリーヒルズといわれているボールドウィンヒルズの高校が舞台。お金持ちの子も居れば、普通の家庭の子も居るし、貧しい子も居る。そこで余りイケテないグループに在籍しているのが主役のヘンドリックスを演じるマンデラ・ヴァン・ピープルス君。カッコいい車とスニーカーされあれば、学校のマドンナのシャイエンとも付き合えるのになーと、アホ丸出し。でも土曜にはパーティビジネスをして、少しだけ稼いでいる。そんなヘンドリックスに説教するのが父のマリオ。マリオが演じる男は父親であり、ヘンドリックスが通う学校の先生でもある。しかも別居しているのか離婚したのか、ヘンドリックスのママはサリ・リチャードソンが演じる校長先生。マリオ先生は生徒達にプロジェクトを言い渡す。マリオ先生は「人の為に何かをしなさい」と、息子であり生徒であるヘンドリックスに口酸っぱく言うんです。で、マリオのもう一人の息子マカイロはヘンドリックスの友達役オバマで登場。イジメっ子に苛められてる役。娘2人もダンスしたりと出てきます。で、Y.G.はクラスで異様な存在感を放っている悪。スヌープ・ドッグの弟。しかもスヌープの子分には「Friday / friday (1995)」のディーボ事ティニー・リスター。Y.G.は抑圧されているのですわ。でもマリオ先生は、そんなY.G.も気にかけて、彼をいい方向に持っていこうとする熱血先生なのです(おまえら、ぐれぇーと!)。

ヴァン・ピープルスの息子の2人、いい感じです。写真ではタイプじゃないなーなんて思いましたが、映画の中では実に魅力的!!マリオ父さんは実生活でも息子達には「他人のために何かしろ」って教えているのかな?マカイロ君を調べたら、こんなのが出てきた。母と妹と共に海外を回り、ボランティアで英語を教えているのだそう。しかし、感想にも書きましたが、「Sweet Sweetback's Baadasssss Song / スウィート・スウィートバック (1971) 」で監督する父親の前でラブシーンを披露したマリオが、今度は父親として監督として息子マンデラのラブシーンを撮るとは... この家族の大人になるための儀式ですかね?と思いたくなる。しかし、本当にこの家族はすごいなーと思わされました。

この映画のY.G.もかなりいい感じ。ヴァン・ピープルス家の次世代と共に楽しみ!ってか、マリオが「Baadasssss! / バッドアス! (2004)」を作ったみたいに、マンデラとマカイロで「New Jack City / ニュー・ジャック・シティ (1991)」の制作秘話みたいのを撮ってくれないですかね!!まあ、色々と楽しみが増えた映画でした。ヴァン・ピープルス、万歳〜!初代は、近代ブラックムービーの創設者なり。

感想やあらすじやオフィシャルサイトはこちら

(4点/5点満点中:9/13/12:DVDにて鑑賞)