SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
*駒草出版 WEBにてBLM(ブラック・ライヴズ・マター)を理解するための5本を寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 2月号にて「オールタイム・シスターフッド映画30」と「イケメン女優名鑑BIG5」に寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 1月号にて監督4名について、そして『40歳の解釈: ラダの場合』レビューを寄稿。(11/21/20)
*映画秘宝 12月号にて『ラヴクラフトカントリー 恐怖の旅路』について寄稿。(10/21/20)
*映画秘宝 11月号にてチャドウィック・ボーズマンの追悼文を寄稿。(9/19/20)
*映画秘宝 10月号にて『サミュエル・L・ジャクソン in ブラック・ヴァンパイア』、『行き止まりの世界に生まれて』について寄稿。(8/21/20)
*映画秘宝 9月号にて『ザ・ファイブ・ブラッズ』レビュー&キャスト、最新ブラックムービー&ドラマ10選、ブルース・リー『Be Water』レビューを寄稿。(7/21/20)
*ミュージック・マガジン 8月号「ブラック・ライヴズ・マター」特集の「映画ガイド」にて29作選出、11作を解説を寄稿。(7/20/20)
*FRIDAYデジタルにて「映画が描いてきた「Black Lives Matter」の深層」というコラムを寄稿。(6/18/20)
過去記事

Pariah / 日本未公開 (2011)

Cast >> Adepero Oduye (Alike), Charles Parnell (Arthur), Kim Wayans (Audrey), Pernell Walker (Laura), Sahra Mellesse (Sharonda), Aasha Davis (Bina) ...
Director >> Dee Rees
Writer >> Dee Rees
Producer >> Nekisa Cooper, Spike Lee (executive producer)
Genre >> Drama

総合ポイント >> 5/5点満点
Contents >> 5 Performance >> 5 Direct >> 5 Music >> 5

I'm not running, I'm choosing.
アイリケ(アディペアオ・オデュイエ)はブルックリンの高校でも成績優秀な生徒だったが、周りの生徒は余り交わっていなかった。アイリケの唯一の友達はローラ(パーネル・ウォーカー)だけだった。ローラはオープンな同性愛者で今は学校にも通っていなかった。アイリケはローラと共に近くのレズビアンバーで夜を過ごすが、アイリケは教会に通う敬虔なクリスチャンの母(キム・ウェイアンズ)と、警察官の父(チャールズ・パーネル)の前ではレズビアンである事を隠し続け、自分の性について悩んでいた...

第2の「プレシャス」か!とまで言われ、数々のアワードで注目を集めた作品。監督のディー・リースの半自伝映画。元々ショート映画だった作品を長編映画にした。リースがニューヨーク大の映画科で、スパイク・リーの授業を取り、そしてスパイクのインターンとしてスパイクの作品に参加した事から、スパイクはこの長編映画の脚本を読み、アドバイスをしていた。それもあって、正式に製作総指揮として参加した作品でもある。そのスパイクの精神が宿った、スパイクの愛するブルックリンの町並みもこの映画の大事なエッセンスとなっている。とは言え、一番の見所はやはりこの物語そのものである。90年代には、黒人レズビアン監督による映画の黄金期があったが、それを経て、この作品を見ると、随分と成熟した事がすぐに分かる。誰が見ても見やすく分かりやすいストーリー。殆どの観客はこの主人公のような経験をしないかもしれない。でもなぜかそこに居るような感覚になる程に、この映画と観客は近い。それは主人公アイリケを演じたアディペアオ・オデュイエの余りにも自然体な演技にある。アイリケという悩める女の子がすぐそこに居る。そしてタイトルである「のけ者」は、アイリケだけではない。アイリケと共に家族もその運命を共有していかないといけないのだ。

けれどアイリケは力強く言う。「私は逃げるんじゃない。選んでいるのだ」と。その監督の強い決心こそが、スパイク・リーを動かし、この成熟した映画を作らせたのだ。

(4/25/12:DVDにて鑑賞)