SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
*駒草出版 WEBにてBLM(ブラック・ライヴズ・マター)を理解するための5本を寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 2月号にて「オールタイム・シスターフッド映画30」と「イケメン女優名鑑BIG5」に寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 1月号にて監督4名について、そして『40歳の解釈: ラダの場合』レビューを寄稿。(11/21/20)
*映画秘宝 12月号にて『ラヴクラフトカントリー 恐怖の旅路』について寄稿。(10/21/20)
*映画秘宝 11月号にてチャドウィック・ボーズマンの追悼文を寄稿。(9/19/20)
*映画秘宝 10月号にて『サミュエル・L・ジャクソン in ブラック・ヴァンパイア』、『行き止まりの世界に生まれて』について寄稿。(8/21/20)
*映画秘宝 9月号にて『ザ・ファイブ・ブラッズ』レビュー&キャスト、最新ブラックムービー&ドラマ10選、ブルース・リー『Be Water』レビューを寄稿。(7/21/20)
*ミュージック・マガジン 8月号「ブラック・ライヴズ・マター」特集の「映画ガイド」にて29作選出、11作を解説を寄稿。(7/20/20)
*FRIDAYデジタルにて「映画が描いてきた「Black Lives Matter」の深層」というコラムを寄稿。(6/18/20)
過去記事

Steel Magnolias / 日本未公開 (2012) (TV)

Cast >> Queen Latifah (M'Lynn), Alfre Woodard (Ouiser), Phylicia Rashad (Clairee), Jill Scott (Truvy), Condola Rashad (Shelby), Adepero Oduye (Annelle), Lance Gross (Sammy), Michael Beasley (Spud) ...
Director >> Kenny Leon
Writer >> Robert Harling (play), Sally Robinson
Producer >> Neil Meron, Queen Latifah, ShakimCompere, Shelby Stone, Craig Zadan
Genre >> Drama

総合ポイント 4点/5点満点中
内容 >> 4 演技 >> 4 演出 >> 4 音楽 >> 4

"Men are supposed to be made out of steel or something"
年頃のシェルビー(コンドラ・ラシャド)は結婚式を明日に控えていたが、結婚後に仕事や子供の事でフィアンセのジャクソン(トニー・キトルズ)と喧嘩してしまった。しかし結婚式の朝にはちゃんと仲直りした。近くで美容院を経営しているトルービィ(ジル・スコット)の元に町の新顔アネル(アディペアオ・オデュイエ)がやってきて、仕事を貰った。トルービィの元にはシェルビーと、その母のマリン(クイーン・ラティファ)、友人で元市長の妻クレリー(フィリシア・ラシャド)、そして隣人で口やかましいウィザー(アルフレ・ウッダード)がやってきて、結婚式に備えていた。

元々は舞台、そして1989年に制作された映画「マグノリアの花たち」の黒人版リメイク。台詞や設定をちょっと変えただけで、ほぼ全く一緒という珍しいパターンのリメイク。オリジナルの面白さをそのままに少しだけコンパクトにまとめている為、非常に見やすいし分かりやすい。オリジナルで分かりにくかったトルービィとスパッドの夫婦の関係は、こちらでは非常に分かりやすく設定している。ただそれによって、トルーヴィを演じたジル・スコット十八番の被害者的なキャラクターになってしまったのは、若干残念ではある。そして元々舞台演出家のケニー・レオンが監督なので、オリジナル映画よりも、舞台ぽい作りで、密室が多くなっている。アルフレ・ウッダードの素晴らしさ、そしてアフェモ・オミラミのクレイジーで面白くて愛おしいお父さん役が印象に残る。

クイーン・ラティファの元々の強いイメージが原題の「鋼」のマグノリアたちをより一層に感じる事が出来た。オリジナルと同じ位面白くて、一部はオリジナルよりも面白い珍しいリメイク作品だ!

(5/28/13:DVDにて鑑賞)