SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
*駒草出版 WEBにてBLM(ブラック・ライヴズ・マター)を理解するための5本を寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 2月号にて「オールタイム・シスターフッド映画30」と「イケメン女優名鑑BIG5」に寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 1月号にて監督4名について、そして『40歳の解釈: ラダの場合』レビューを寄稿。(11/21/20)
*映画秘宝 12月号にて『ラヴクラフトカントリー 恐怖の旅路』について寄稿。(10/21/20)
*映画秘宝 11月号にてチャドウィック・ボーズマンの追悼文を寄稿。(9/19/20)
*映画秘宝 10月号にて『サミュエル・L・ジャクソン in ブラック・ヴァンパイア』、『行き止まりの世界に生まれて』について寄稿。(8/21/20)
*映画秘宝 9月号にて『ザ・ファイブ・ブラッズ』レビュー&キャスト、最新ブラックムービー&ドラマ10選、ブルース・リー『Be Water』レビューを寄稿。(7/21/20)
*ミュージック・マガジン 8月号「ブラック・ライヴズ・マター」特集の「映画ガイド」にて29作選出、11作を解説を寄稿。(7/20/20)
*FRIDAYデジタルにて「映画が描いてきた「Black Lives Matter」の深層」というコラムを寄稿。(6/18/20)
過去記事

A Raisin in the Sun / 日本未公開 (2008) (TV)

Cast >> Phylicia Rashad (Lena Younger), Sean Combs (Walter Lee Younger), Audra McDonald (Ruth Younger), Sanaa Lathan (Beneatha Younger), Justin Martin (Travis Younger), John Stamos (Carl Lindner), Sean Patrick Thomas (George Murchison), David Oyelowo (Joseph Asagai), Bill Nunn (Bobo) ...
Director >> Kenny Leon
Writer >> Lorraine Hansberry (play), Paris Qualles
Producer >> Sean 'P. Diddy' Combs, John M. Eckert ...

総合ポイント >> 4.75/5点満点
Contents >> 5 Performance >> 4 Direct >> 5 Music >> 5

The Sky Is The Limit
ウォルター(ショーン・コムズ)とルース(オードラ・マクドナルド)の夫婦は、1人息子のトラビスに加え、ウォルターの母レナ(フィリシア・ラシャド)と妹のベニーサ(サーナ・レイサン)と5人で父が残してくれたシカゴの小さなアパートに住んでいた。父が亡くなった為に保険金10万ドルの小切手が送られてくる筈だった。ずっと車の運転手をしているウォルターには友人と酒屋を開くのが夢で、そのお金を資金にあてにしているのだが...

幾度も舞台や映画で上映され、人々から愛されたアメリカンストーリー「A Raisin in the Sun」。さすがに何度見ても見ごたえがあり惹きつかせる物語である。それはオリジナルの1961年の映画の感想の時にも書いたが、労働階級の声がこの作品には詰まっているからだと思う。オリジナルと同じく、舞台で好評を受けての映画化。オリジナルの映画では、舞台にも似たシカゴのアパートの一室が主の密室ドラマだった。今回は、舞台をアパートの一室を離れる事が多く、それによって物語もまた生まれ、観客には分かり易い作りとなっていた。また、オープニングからタイトルの元となったラングストン・ヒューズの詩が読まれるのも分かり易いだろう。
演者が変わった事で、役も少し変わっている。主役のウォルターはより頼りなく、ルースはすぐ泣く感情的な人、レナは貫禄は無いが逆にしっかりしている、ベニーサは明るさが無くなった。さすがに比べるのは可哀想なのかもしれないけれど、オリジナルがあるという事は比べられて当然。

このドラマは元々の物語が面白いので、本当に何回見ても面白い。素晴らしいオリジナルがあるだけに、逆にリメイクにはその作り方に限界がないとも思わせてくれた作品だ。

(2/25/08:TV放映にて鑑賞)