SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Legacy / 日本未公開 (2010) 812本目

昔からそうではあったけれど、でもここ最近のイギリス映画の台頭は凄まじい物があると思う。ブラックムービーに於いてもそれは一緒。キウェテル・イジョフォーイドリス・エルバ、ソフィ・オコネドー、イーモン・ウォーカー、タンディ・ニュートンナオミ・ハリス、アドウェール・アキノエ=アグバエ等の俳優はハリウッドでも第一線で活躍する。その中で以前とは確実に違う動きを見せているのが、イギリスをベースに活動している黒人の映像作家達。最近では「Hunger / ハンガー (2008)」のスティーブ・マックイーンカンヌ映画祭でも受賞するなど、すばらしい活躍を見せている。そしてもう一人が、この映画の監督トーマス・イキミ。彼は両親がナイジェリアからの移民で、彼自身はイギリス生まれ。それは俳優のキウェテル・イジョフォーと同じである。そのイキミとシエラレオネとガーナからの移民の両親を持つイギリス生まれのイドリス・エルバと、グレナダトリニダード出身の両親を持つイーモン・ウォーカーが共演するサイコスリラー映画。イギリスで撮影&制作されているけれど、資金が集まらなかったので、イキミの故郷であるナイジェリアからの出資も受けて映画は完成。カレイドスコープというナイジェリアのプロダクション会社がちゃんとクレジットされている。本当にナイジェリア映画産業はすこぶる元気が良いんだなーと感じましたね。アメリカでのDVD権を獲得したのは、アメリカ黒人が代表を務めるコードブラックという会社(最近オープニングタイトルを変えてカッコ良くなってる!)。でも主な舞台となっているのは、ニューヨークのブルックリン。不思議な映画でしょ?

主役のイドリス・エルバが演じるのがマルコムという軍人で秘密工作員。今回はヨーロッパのどこかでテロ撲滅の任務を遂行していたが、その時に敵に捕まり激しい拷問にあう。その次の瞬間、マルコムはブルックリンの古い汚いアパートの一室に居る。そこからかなりの密室劇。同じ任務についていた仲間や上司がそのアパートに訪れてビールを飲んだと思ったら、兄と結婚してしまった元恋人がそのアパートに訪れたりする。マルコムの兄役がイーモン・ウォーカーが演じるダーネル。彼はニューヨークでかなり活躍している政治家で、大統領選に出馬か?と言われている位に注目されている。しかしマルコムとは恋人の事などで確執があるのか、ダーネルのスキャンダルをマスコミにばらそうとしている。アパートには電話がひっきりなしに鳴るが、マルコムは答えようとしない。何か普通のサイコスリラーぽいですか?いやいや... 実はマルコムはかなり酷いパラノイアに襲われていたのです。だから、この映画の冒頭から最後まで、どこからどこまでが、本当なのか?さっぱり分らない不思議な面白さがあるのです。最近のイギリス人俳優の中でも一番の活躍をみせているのが、先日のゴールデン・グローブ賞にもノミネートされたイドリス・エルバだと思う。この映画は迫真の演技を見せてます。なにせ殆どが密室劇なので、演技に頼るしかないですからね。凄いです。

スティーブ・マックイーンといい、この映画のトーマス・イキミといい、映像がとにかく芸術的。グロテスクな色使いで黒とか茶色を使うのが綺麗。このイキミの場合は、オープニングの演出もかっこいい。イギリス映画から目が離せません!そしてナイジェリア映画資本もね。

映画感想やあらすじやオフィシャルサイトはこちら。

(4.25点/5点満点中:DVDにて鑑賞)