SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
*駒草出版 WEBにてBLM(ブラック・ライヴズ・マター)を理解するための5本を寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 2月号にて「オールタイム・シスターフッド映画30」と「イケメン女優名鑑BIG5」に寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 1月号にて監督4名について、そして『40歳の解釈: ラダの場合』レビューを寄稿。(11/21/20)
*映画秘宝 12月号にて『ラヴクラフトカントリー 恐怖の旅路』について寄稿。(10/21/20)
*映画秘宝 11月号にてチャドウィック・ボーズマンの追悼文を寄稿。(9/19/20)
*映画秘宝 10月号にて『サミュエル・L・ジャクソン in ブラック・ヴァンパイア』、『行き止まりの世界に生まれて』について寄稿。(8/21/20)
*映画秘宝 9月号にて『ザ・ファイブ・ブラッズ』レビュー&キャスト、最新ブラックムービー&ドラマ10選、ブルース・リー『Be Water』レビューを寄稿。(7/21/20)
*ミュージック・マガジン 8月号「ブラック・ライヴズ・マター」特集の「映画ガイド」にて29作選出、11作を解説を寄稿。(7/20/20)
*FRIDAYデジタルにて「映画が描いてきた「Black Lives Matter」の深層」というコラムを寄稿。(6/18/20)
過去記事

The Experiment / エクスペリメント (2010)

Cast >> Adrien Brody (Travis), Forest Whitaker (Barris), Cam Gigandet (Chase), Clifton Collins Jr. (Nix), Ethan Cohn (Benjy), Fisher Stevens (Archaleta), Travis Fimmel (Helweg), David Banner (Bosch), Jason Lew (Oscar), Damien Leake (Govenor), Maggie Grace (Bay) ...
Director >> Paul Scheuring
Writer >> Paul Scheuring, Mario Giordano (novel "Black Box")
Producer >> Marty Adelstein, Jeanette Buerling, Bill Johnson, Maggie Monteith, Scott Nemes, Dawn Parouse
Genre >> Thriller

総合ポイント >> 3.5/5点満点
Contents >> 4 Performance >> 4 Direct >> 3 Music >> 3

Luxurious Prison Break
トラビス(エイドリアン・ブロディ)は、老人介護施設に勤めていたがレイオフされた。反戦運動で知り合った女性ベイと愛し合うようになり、ベイにインド旅行を誘われたが、レイオフされたばかりでお金がなかった。新聞の求人広告で見つけた高額収入の2週間の仕事に応募し、そこで出会ったのが落ち着いた物腰で話しかけてきたマイケル・バリス(フォレスト・ウィッテカー)と親しくなった。数日後、採用されたトラビスはマイケルや他の22人の男性と共にバスに乗った。彼等24人を待っていたのは、囚人と看守に別れて行われる心理学実験だった...

日本でも公開されたドイツ映画「es[エス]」のリメイク。さすがに物語は面白いし、オスカー主演男優受賞の2人がぶつかりあう演技は必見である。フォレスト・ウィッテカーに至っては彼の代表作である「A Rage in Harlem / レイジ・イン・ハーレム (1991) 」の最高に良い人と「The Last King of Scotland / ラストキング・オブ・スコットランド (2006)」の最高に悪い人が1人のキャラクターに潜んでいて見ごたえがある。しかし実験現場の描写とは言え、刑務所の描写等がお粗末。トラビスと恋人についてもまとめ過ぎた感じがあって、理解し難い。先も読みやすいのでスリラー感覚はない。

演出がもうちょっと上手く行っていたら、間違いなくアメリカでも劇場公開され、エイドリアン・ブロディとフォレスト・ウィッテカーの熱演も報われていた事だったと感じる。勿体無いほど豪華なキャスティングのプリズンブレイク

(12/6/10:DVDにて鑑賞)