SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Hurricane Season / 日本未公開 (2009) (Video) 678本目

フォレスト・ウィッテカー主演で実在する人物の物語が映画化されました。フォレスト・ウィッテカーが主演と言えば、劇場公開されて当然だと思っておりました。カンヌもオスカーも取ってる名優ですから。所がかなり不幸な形を経て、DVD化されました。最初は劇場公開するつもりだったみたいですよ。でも、なぜかインターネットでリーク。そしてフォレスト・ウィッテカーの妻役で出演しているタラジ・P・ヘンソンツイッターで、この映画が劇場公開されずにDVDされる事を明かし、しかもその事実が出演者達には聞かされていなかったようで怒ってましたね。後日、フォレスト・ウィッテカーも同じような事を発言してます。オフィシャルサイトも作る予定だったみたいですが、トップページだけで中身は無し状態。そしてDVDが無事発売。

となると、ヤバイ雰囲気。ダメなんだろうなーと、あんまり期待はしませんでした。事実、DVDを見てみると、まーー「カットされた映像」の付録収録が多い事!本編と同じ長さなんじゃないの??という程、多くのシーンがカットされているみたいです。不幸といえば、イルマ・P・ホール。「Soul Food / ソウル・フード (1997)」等で有名なお婆ちゃん女優ですね。この方もカンヌを受賞していますが、何と...出演シーンが全カット。フォレスト・ウィッテカーが高校のバスケットチームのコーチを演じていて、その選手の一人のお婆ちゃん役。

という訳で、ルイジアナニューオリンズが舞台の映画。ハリケーンカトリーナで災害を受けながらも、高校のバスケットチームを率いた実在するアル・コリンズというコーチが主役です。彼がコーチしているのが、公立高校のジョン・アート高校(John Ehret High School)。地元ではバスケットボールが強い事でも有名。ハリケーンカトリーナによって、学校も崩壊。もちろんそこに通う生徒達の家も破壊され、コーチの家も浸水。でもみんなハリケーンが本当にやってくるとは思っていなかったと描かれているのが興味深いですね。だから、ああいう風に残っていた人が多かったんですね。カットされていましたが、イルマ・P・ホールが演じたお婆ちゃんも経験から来ないわよーと言っているシーンもありました。そして避難して家族が再会するのも大変だったし、非難してからも色々と大変だった事が伝わってきます。ニュースって本当に上っ面しか伝えてくれないんだなって思いました。若い子達はエネルギーが有り余っていて、余計に大変だったみたいですね。喧嘩が多かったみたい。その上っ面のニュースだけでも、かなり過酷な様子は伝わっていたけれど、もっと何倍も殺伐としていて大変だった感じを受けました。

とは言え、映画自体はよくあるパターンのスポ根物。負けていたのにハーフから突然強くなっちゃうという良くある演出です。そこはがっかりですが、でもそこにたどり着くまでが、中々面白いんです。ハリケーンカトリーナの過酷さだけを伝えている訳でもなく、人々の喜怒哀楽が詰まっていて色々としがらみがある中でチームが一つにまとまっていく感じがいいですね。ハリケーンカトリーナの後には、学区というのが厳しくなくなったので、選手が自由に学校を選ぶ事になってしまった。それによって、アル・コリンズのチームのスター選手が学区内で一番強いチームに行ってしまう事になった。またアイゼイア・ワシントンが演じるライバルチームのコーチはカトリーナ後に解雇させられてしまっていた。その高校に通うスター選手がアル・コリンズのチームに合流。でもこの子がまたアクの強い子なので、中々馴染めない。元々ライバルチームに居たという事もあるし、実は父親から相当にプレッシャーをかけられている事もある。この子の父親を演じたのがコートニー・B・ヴァンス。と、この映画は選手達も実名らしいですね。彼等はスポーツ専門チャンネルESPNから賞を受賞していて、その時の映像がこちら↓。

アル・コリンズは割りとフォレスト・ウィッテカーに似てませんか??

重くなりそうなこの映画でいい感じでコミックリリーフを演じていたのが、JBスムーヴ。「Pootie Tang / プーティ・タン (2001)」等で有名。この人が出てくる度に面白い。でも彼だけが面白い訳じゃなくて、アル・コリンズや選手達もあんな災害は初めての経験なので、微笑ましい間違いを起こしてしまったりするのです。だからかな?ストーリーが進むにつれて、彼等に自然と肩入れしてしまうのです。

あと、作り放しのオフィシャル・サイトでは、リル・ウェインの名前がフォレスト・ウィッテカーと共に大きく並んでおります。私はてっきり主役級の選手の一人でも演じるのかと思っていたのですが、彼が演じたのはその高校の近辺にたむろしている与太郎。靴を盗んで??選手に渡している男です。でもこの与太郎が中々最後良いのです。

それにしてもクレオ・トーマス(Khleo Thomas)君がいい感じの男前の大人になってきた!

感想やあらすじはこちら

(4.25点/5点満点中:DVDにて鑑賞)