SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

5 Flights Up / 日本未公開 (2015) 1402本目

モーガン・フリーマンダイアン・キートンが老夫婦を演じているドラマ。モーガン・フリーマンはプロデュースもしている。ニューヨークのマンハッタンとブルックリンが舞台。なんていうか、終活ドラマでもある。子供が居ない夫婦の終活。モーガン・フリーマン演じるアレックスと、夫婦の子供代わりである犬のドロシーが、住んでいるアパートの階段の上り下りが辛くなってきたので、アパートを売り出そうという事で始まるストーリー。

シンシア・ニクソンが演じるのが、ダイアン・キートン演じるルースの姪のリリー。リリーは不動産のお仕事をしている。2人のアパートを売れば、億にはなるだろう!とやる気満々なので、ちょっとうるさいキャラクター。まあそのウルさ加減が上手い。不動産の事が分からないアレックスとルースはリリーに丸投げ。しかしアパートを売るにしても、今度住む所は決めていない...「えっ!」と日本人はなりますよね。アレックスは40年住んだアパートに愛着はあるし、階段もまあ何とかなるであろうと思っている。男性はありがちだよね。自分の老いを認めない的な感じ。ルースはそんなアレックスが心配。アレックスを少しでも楽にしてあげたい。

2人は40年以上連れ添った夫婦。アパートを売る事になって、何となく過去を振り返る。ニューヨークいえど、2人の結婚には偏見などがつきまとった事も描かれている。そんな2人の若い頃を演じた2人も感じ良かったです!

でもまあ一番感じいいのが、犬のドロシー。可愛い。とにかく可愛い!最後は、私も泣きそうなったくらい。名優犬。

その他がとても感じ悪い!感じ悪いというか、面倒くさい人たちばかりである。オープンハウスをハシゴする女性とか、やたらと上から目線のバイヤーとか、値踏みする不動産の女性とか、アパートを売ろうとしている夫婦とか。あーー、こんなにニューヨークの人々は面倒くさいのか!と思ってしまった程に面倒くさい。いい人居ないの?ギスギス感が凄かった。そんなに我慢してまで住みたくないなーと。確かに面倒くさい人はアメリカに多い。でもあそこまでやられると、酷いよね。

でも極めつけに面倒くさいのがアレックスとルースだったりしちゃいます。ラストは、やっぱりそうなるんかーい!と。最初から分かってたよね???と思ってしまったです。リリーの去り際シーンが面白いんだけど、リリーの気持ちがよーーーく分かったよ。私もああなるわ!

感想やあらすじなどはこちら

(3.5点/5点満点中:8/12/15:DVDにて鑑賞)