SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Big Timers / 日本未公開 (1945)

Cast >> Stepin Fetchit (Porter), Francine Everett (Betty Washburn), Lou Swarz (Cora Washburn), Gertrude Saunders (Mabel Page), Ed Hunter (Mr. Powers), Duke Williams (Tom Powers) ...
Director >> Bud Pollard
Producer >> E.M. Glucksman
Genre >> Comedy

総合ポイント >> 3.5/5点満点
Contents >> 3 Performance >> 4 Direct >> 3 Music >> 4

But thats OK, cause I'm still fly
シュガー・ヒルの高級アパートでメイドの仕事をしていたコーラ(ルー・スワーズ)。コーラは女手一つで娘のベティ(フランシーン・エヴェレット)を音楽学校に通わせて、立派な女性に育てあげた。そのベティが、裕福な家庭に生まれ育った軍人のトム(デューク・ウィリアムス)と出会い恋に落ちた。そのトムの両親がベティを訪ねてくるというのだが、貧しい事を知られたく無い為にベティは母コーラに泣きつく。コーラはポーター(ステッピン・フェチット)と共に自分が働いているアパートの一室を勝手に借りるのだが...

元々は大手映画会社で編集の仕事をしていたバド・ポラード監督作品。彼は白人だが、沢山のB級黒人映画を撮っている。1943年にレナ・ホーンが「ストーミー・ウェザー」でセンセーショナルな人気となってからは、各社がレナ・ホーンのようなスターを探していた事がよく分かる。この映画の娘役もレナ・ホーンのような色が白くて細くて歌える女性。そしてこの映画は少々無理ぽく、彼女の歌やステッピン・フェチットのパフォーマンスにタップや踊りをねじ込ませている。

当時のタップや踊りや歌が好きな人には面白い作品。ただこの当時はこのような映画が多かったので、その中に完全に埋もれてしまう特徴のない作品でもある。

(9/14/11:DVDにて鑑賞)