SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

ヘビーD

ヘビーDの名前で知られているラッパーであり俳優のドワイト・アーリングトン・マイヤーズは、現地時間11月8日の午後1時頃に他界した。44歳だった。死因はまだ捜査中で詳細は分からないが、明らかな麻薬使用や自殺という事ではないとの事。お昼ごろにショッピングから家に帰ってきた際に、階段で突然「息が出来ない」と訴えて倒れたという噂が入っている。または先日ロンドンで行われたマイケル・ジャクソンのトリビュートコンサートに参加し、アメリカに戻って来た際に肺炎に掛かっていたという噂もあったりと、様々な噂が飛び交っている。いずれにしろ、体の不調が原因のようです。そしてヘビーDは前日に他界したボクサーのジョーフレイザーのお悔やみをツイートしたばかりでもあった。ヘビーDの最後のツイートは前日に「BE INSPIRED!(刺激を受けろ!)」だった。

ヘビーDの従兄弟であり、業界入りへの道を手助けされた人でもあるピート・ロックはMTVのインタビューに「この俺の悲しい気持ちを表わす言葉が見つからない。へヴ(ヘビーD)は俺の一番のチアリーダーで、この業界へ俺を招き入れてくれた人物でもある。そしてヘビーDで知られていたドワイト・アーリングトン・マイヤーズは一番大切な事に、俺の家族でもあった。今日は俺にとっても悲しい夜になった。ありえない位にいい人でした」と語った。

Hip-Hop News - MTV

またヘビーDのバックダンサーとしてデビューしたディディ事、ショーン・コムズもツイッターでヘビーDにお悔やみを述べた。「とても悲しい。俺のダチであるヘビーDと彼の家族の為に祈ってください。お願いだ。安らかに、ヘビーD。お前を愛してる。永遠にね!」と書き、更に「ヘビーDはこの音楽業界で一番最初に俺にチャンスを与えてくれたんだ。彼が俺をアップタウン(レーベル)のインターンシップにしてくれたんだ。俺の事を誰も信用してくれなかった時に、彼は信じてくれたんだ」と書いている。

Twitter. It's what's happening.
Twitter. It's what's happening.

そして俳優としても活躍したヘビーD。「New Jersey Drive / ニュージャージー・ドライブ (1995)」や「Life / エディ&マーティンの逃走人生 (1999)」に「The Cider House Rules / サイダーハウス・ルール (1999)」等で活躍していた。つい最近もとある作品にカメオ出演して観客を驚かせているらしいが、ネタバレになるかもしれないので、いちよう作品名は伏せておく。やはり印象的なのが「エディ&マーティンの逃走人生」での若い囚人役。主役のエディ・マーフィマーティン・ローレンスのストーリーを老人になった囚人(オッバ・ババトゥンデ)から聞かされているんですね。ヘビーDが演じた囚人はエディとマーティンが演じた2人の墓堀をやらせられているんですよね。ところが... 面白い作品でした。

Tumblrの方で映画を中心に追悼しております

後はツイッターでもあげましたが... 「In Living Color」のオープニング曲ですね。大好きでした。SNLには全く無かったILCのクールネスは、このヘビーDのオープニング曲で決まったようなもの。

安らかに。