SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
*駒草出版 WEBにてBLM(ブラック・ライヴズ・マター)を理解するための5本を寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 2月号にて「オールタイム・シスターフッド映画30」と「イケメン女優名鑑BIG5」に寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 1月号にて監督4名について、そして『40歳の解釈: ラダの場合』レビューを寄稿。(11/21/20)
*映画秘宝 12月号にて『ラヴクラフトカントリー 恐怖の旅路』について寄稿。(10/21/20)
*映画秘宝 11月号にてチャドウィック・ボーズマンの追悼文を寄稿。(9/19/20)
*映画秘宝 10月号にて『サミュエル・L・ジャクソン in ブラック・ヴァンパイア』、『行き止まりの世界に生まれて』について寄稿。(8/21/20)
*映画秘宝 9月号にて『ザ・ファイブ・ブラッズ』レビュー&キャスト、最新ブラックムービー&ドラマ10選、ブルース・リー『Be Water』レビューを寄稿。(7/21/20)
*ミュージック・マガジン 8月号「ブラック・ライヴズ・マター」特集の「映画ガイド」にて29作選出、11作を解説を寄稿。(7/20/20)
*FRIDAYデジタルにて「映画が描いてきた「Black Lives Matter」の深層」というコラムを寄稿。(6/18/20)
過去記事

エディ・マーフィ

来年行われるアカデミー賞の司会に決まったエディ・マーフィ。そのエディ・マーフィの最新作「A Thousand Words」は来年の1月に全米公開を予定していたが、オスカーの司会後の方がお客が見込まれるという事で引き伸ばされて、3月23日に公開が決まった。

Paramount Moves Two 2012 Releases | Hollywood Reporter

そして以前にオスカーの司会をしたスティーブ・マーティンは「Bowfinger / ビッグムービー (1999)」では共演した、今回初めてオスカーの司会をするエディ・マーフィにオープンレターを書いた。

やあ、エディ、今年のオスカーを君が司会するって聞いたよ。まず最初に、おめでとう!私からのアドバイスなんて君は求めてはいないし、「アドバイスは無しで」と言っていたけど、少しだけテクニックを書いておくよ!

君が何しようとも、共同司会者は必要ない。彼らは存在が苦痛なだけで、君のサタデー・ナイト・ライブの司会記録を破るだけさ。(アレック・ボールドウィンの事を言っている)

今からスリムダウンする事。「Norbit / マッド・ファット・ワイフ (2007)」ではお腹パンパンだったからね。

君も私もがかつてオスカーを受賞していないのが恥であると常に人々は言うけど、それは彼らが正しい。

オスカーを取れなかった人々はとても悲しく感じるんだ、だからバックステージは彼らと一緒に過ごし、肩を叩き、そして哀しそうに頭を振ってあげるんだ。それはきくぜ!

幸運にも、君と私だけがオスカーをパンツの中に忍ばせても大丈夫なんだ。

リラックスすること、そして12000人のブロガー達が君をズタズタにするかもしれないけど、楽しんでくれ!

主計が投票を証明したって?幾つかの投票の穿孔くずはフロリダからの物さ。(2000年のフロリダ州での投票スキャンダルの事)

ショーが長く感じるだって?それはきっと2010年、2009年、2008年、2007年、2006年、2005年、2004年...か90年代のいずれかのショーの事を考えているのさ。

途中で疲れたと感じたら、ニール・パトリック・ハリスレッドブルを飲ませて、シートミュージックを掛けるんだ。(ハリスはマーティンが司会した時にオープニングでパフォーマンスしている)

エディ、君と私が古くからの友人なので、我々が一緒に作りコメディの歴史を築いたけど、誰からも褒められなかったけど他界ギャラだけは貰った「Bowfinger / ビッグムービー (1999)」で君がオスカーにノミネートされるべきだったと私は心から思うよ。君がオスカーの司会で最善を尽くすことを願ってます。

スティーブ・マーティン 
<注意>( )内は私が足した説明。
SteveMartin.com