SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
*駒草出版 WEBにてBLM(ブラック・ライヴズ・マター)を理解するための5本を寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 2月号にて「オールタイム・シスターフッド映画30」と「イケメン女優名鑑BIG5」に寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 1月号にて監督4名について、そして『40歳の解釈: ラダの場合』レビューを寄稿。(11/21/20)
*映画秘宝 12月号にて『ラヴクラフトカントリー 恐怖の旅路』について寄稿。(10/21/20)
*映画秘宝 11月号にてチャドウィック・ボーズマンの追悼文を寄稿。(9/19/20)
*映画秘宝 10月号にて『サミュエル・L・ジャクソン in ブラック・ヴァンパイア』、『行き止まりの世界に生まれて』について寄稿。(8/21/20)
*映画秘宝 9月号にて『ザ・ファイブ・ブラッズ』レビュー&キャスト、最新ブラックムービー&ドラマ10選、ブルース・リー『Be Water』レビューを寄稿。(7/21/20)
*ミュージック・マガジン 8月号「ブラック・ライヴズ・マター」特集の「映画ガイド」にて29作選出、11作を解説を寄稿。(7/20/20)
*FRIDAYデジタルにて「映画が描いてきた「Black Lives Matter」の深層」というコラムを寄稿。(6/18/20)
過去記事

Big Timers / 日本未公開 (1945) 901本目

タイラー・ペリーは誰が何と言おうと今一番ホットな映画業界人だ。手がけた12作品全てが興行成績で大成功。あのとても大手とは言えなかったライオンズ・ゲートをあそこまでにさせたのもタイラー・ペリーのヒット作のお陰。そのタイラー・ペリー自身だって、フォーブス社の「2011年度エンタテイメントでもっと稼いだ業界人」では、あのジョニー・デップやブラット・ピットを抑えて、1位に選ばれたのだ。しかし、スパイク・リーからは「馬鹿げた映画」と批判されている。最近でもジャーナリストのトゥレーからも「最悪の映画監督」と言われてしまっている。しかしその批判はブラックムービーの歴史の中で、タイラー・ペリーが最初ではなかった。ペリーと同じように批判されていたのが、Stepin' Fetchit (ステピン・フェチット)だった。奇しくも彼の本名もペリーだった。

ステピン・フェチットは巨匠ジョン・フォードの映画にも出演していた。そして黒人の最初の億万長者だといわれている。ピーク時には16人のメイドが居たという。しかしフェチットは映画の中で、怠け者で愚か者を演じ続けた。多くの批判がフェチットを苦しめた。しかし彼はそういう役を演じる事を止めなかった。

そのフェチットが出演の作品。この当時の映画の走りとなる、物語に当時流行りの歌や踊りを混ぜた作品に出ている。マムス・マーブリーの「Boarding House Blues / 日本未公開 (1948)」と同じ。この当時の映画はニューヨークが舞台で流行の踊りや歌を発信していた。ニューヨークでも舞台は、ウェズリー・スナイプスがマイケル・ライトと渋い兄弟愛を麻薬戦争と共に描いていた「Sugar Hill / シュガー・ヒル (1994)」と同じくシュガーヒル。ここにある高級アパートが舞台。物語は貧乏な娘が裕福な男性と結婚する事でめでたしめでたしとなるシンデレラストーリー。そこに歌や踊りが混ざっている。物語はありきたり。やっぱりメインは歌とか踊り。フェチットもなんともいえないメイスのラップみたいなボヤキ歌とタップを披露している。でも主役はフェチットではなくて、フランシーン・エヴェレット。彼女はハーレムで一番美しい女性と言われた人。この当時だけあってレナ・ホーンみたいにライトスキン。

タイラー・ペリーやステピン・フェチットの人気は、黒人のステレオタイプのイメージを助長する事で白人の観客を満足させ、興行成績に結びつけているのか... それとも黒人の観客が心から楽しんでいる事で、興行成績に反映されているのか... 1つだけ言える事は、そういう役や映画を作っているのは彼らだけじゃない。フェチットの時代にはウィリー・ベストやマンタン・モアランドという俳優が居た。彼らもそこそこ成功はしていたけれど、フェチット程ではなかった。今だってタイラー・ペリーだけがそういう映画を作っているとも限らない。黒人と白人の両者が彼らを欲しているのは確かだと思う。これを見る限り、やっぱりフェチットは何か特別なものを持っていたように感じる。

感想やあらすじはこちら

(3.5点/5点満点中:DVDにて鑑賞)