SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Desert Flower / デザート・フラワー (2009)

Cast >> Liya Kebede (Waris Dirie), Sally Hawkins (Marylin), Craig Parkinson (Neil), Meera Syal (Pushpa Patel), Anthony Mackie (Harold Jackson) ...
Director >> Sherry Horman
Writer >> Waris Dirie (novel), Smita Bhide, Sherry Horman
Producer >> Peter Herrmann
Genre >> Biography
Country >> Germany

総合ポイント >> 4.5/5点満点
Contents >> 5 Performance >> 5 Direct >> 4 Music >> 4

Waris in the Wonderland
ワリス(リヤ・ケベデ)はソマリアの砂漠を渡り歩く遊牧民の一家に生まれ育った。13歳になった頃に父から父よりも年上の老人の4番目の妻になるように言われた。その晩、ワリスは家出をし、一人で砂漠を歩いた。それから何年かして、ワリスはロンドンの町でホームレスとなっていた。そんな時に出会ったのが、ショップ店員でバレリーナを目指すマリリン(サリー・ホーキンス)だった。英語もままならないワリスにマリリンはハンバーガー店のバイトを進め、ワリスはそこでドナルドソンという男に写真を撮りたいと名刺を渡されるのだった。

全てが奇跡のようなシンデレラストーリー。砂漠の花という意味の「ワリス」と名づけられた女性。彼女は名前通りに美しく華々しく成長した。物語としては出来すぎてるかな?とも思うが、随所随所は彼女が実際に経験してきた事。やはり事実は小説よりも面白いのである。その彼女の決断と行動力には同じ女性として刺激を受ける。ただ雑誌のインタビューで語る部分はもう少し彼女がどうしてそうしたのかを分かる複線があると、もっと重みが増したように思える。あの部分よりもマリリンとアパートで見せ合うシーンの方が衝撃的で重みがあった。そのマリリンの絶妙なキャラクターがこの映画に面白みを増してくれた。

何も不思議に思っていなかったワリスが、国を出た事で見えてきた悲劇。そしてそれが間違っていると分かった時には、彼女は声を大にしてその問題を発信した。砂漠には中々美しい花を咲かせることは難しいかもしれない。ワリスは勇気で自分自身でそれを実現させた美しい花である。

(7/27/11:DVDにて鑑賞)